夢想庵
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年3月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2009/10/02 結構前の
2009/05/01 あそーはん
2009/04/29 ぴよぴよ
2009/03/28 追加予定武器かな?
2009/03/01 三月七日対戦ゲームイベント告知!(若干追記

直接移動: 200910 5 4 3 2 月  200812 10 9 8 7 5 3 1 月  20078 4 3 2 月  200611 10 9 8 7 6 5 4 月  20059 7 6 5 4 3 2 月 

2005/03/31(木) じかんのつかいかた
前にも言ったあるおじいちゃんが絵について言っていた事なのですが、
展示場やなんかで、通り過ぎるように見て、
立ち止まるにしても一分や二分では何も解らないというような事を言っていました。
その絵と「対峙」するためにはもっと長い時間が必要だ、と。

確かに、何日も何ヶ月もかけて描いた様な作品を見るのに、
その時間の流れや製作者の息吹を感じ取るのには
少々の時間では出来ない事なのでしょう。
本なんかにしても、その作家が何かを感じつつ生きてきた時間の長さや、
膨大なエネルギーを注いで作り上げた物語なりなんなりを
僕たちはそれよりもっと短い時間で受け取らなければならないのです。
そういった深みがあるからこそ、一回目読んだ後に自分の人生を歩み、
また何かの機会に読み返すと別の感じ方が出来たりもするのでしょう。


僕は一つの絵を二十分も三十分も(ここでの具体的数字の長さには取り立てて意味はありませんが)
眺めていたと言う事はありません。
画集なんかでも、良く見ても五分とかそんな単位でしょう。
何回も眺めて、総時間が長いというものはあるのでしょうけれども。

ただ、記憶にある中で、一度だけ、絵ではないのですが、ある作品を長時間眺めていた事がありました。

何年前だったか、横浜であった大きな現代芸術の祭典「横浜トリエンナーレ」を見に行った時です。
その時は東京の友人宅に宿を確保していたので、時間もゆったり。
学生だった事もあり、脳内の時間の流れもまったりしていました。
その作品、作者も作品名も忘れてしまったのですが、
白い壁があり、そこに30cm×20cm位の横長の小さな白い出窓のような出っ張った枠が付いていました。
奥行きは10cm無い位。
そこには、簡単な演劇の舞台セットのような柱や階段を表現したようなものが
その限られた広さを邪魔しないように効果的に配置されていました。
そしてそこに、おぼろげに人というイメージが湧くような造形物がたたずんでいました。
僕は、その時その作品の何に惹かれたのか解りませんが、その前で立ち止まりました。
なんだろう、などと思いながら眺めていました。
ぼんやりと、と言ったほうがいいかもしれません。
そんな半無意識状態で眺めていたのですが、ふと我に返るとその人のようなものが
僅かですが最初の位置とは違う場所にあるのです。
興味を持った僕は作品の解説を読みました。
その作品は、精密な技術を使い、小型のモーターを中に内蔵し、超小型のコンピューターに制御され、
電池の続く限り、同じ場所を回り続けるものだったのです。
そして、その動く速度は僕たち人間が認識できないほどの遅い速度だったのです。
そして僕はそのままそこで半時間ほど作品を眺めながら立ち尽くしていました。
その時間で、人のような物は柱の後ろを回り階段の前を通り、元の位置へと戻ってくるのでした。

その時間に何かを考えていたかと言えば、何も考えていません。
考えになる前のイメージのようなものはふつふつと湧いて出てくるのですが、
「観る」事をしている僕にはそれ以上考えをまとめる事はできません。
おぼろげに、そういえば太陽も動いているのに目では追えない速度だなぁとか、そんなぼんやりしたことでした。

その作品には最先端の科学技術が使われているとありました。
そういうものを使って、全くやらなくていいことをする、というなんとも芸術らしい姿勢に
僕はとても感動したわけなのです。

今はもう、なかなかそんな贅沢な時間の使い方はできません。
というのも、日常の時間の流れ方があって、どんなにゆったりした休みの日でも
平日の時間間隔が頭をもたげてくるからです。

学生時代、そういう風に今よりももっと暇な時間の使い方をしていて本当に良かったと思います。
なぜなら、それでこそ育つ何かを僕は僕の中に感じるからなのです。

2005/03/30(水) おしごとの流れで
今日は仕事の関係でずっとパスタの調理の仕方を何種類か見てました。
調理人の方の話を聞きながらだったので、その人が感じてきた味の事や、
調理に関しての方法論なんかが垣間見えて面白かった。
味の話っていうのはどうやっても「体験」にまつわる事なので聞いてても実感がこもってて面白いです。
レシピもらえなかったので、うろ覚えだし作れはしないけど、
またちょっと調べて作ってみたいです。

トマトと肉を煮込んで煮込んで、肉をホロホロにして崩した物を
ソースにしたグラタンがちょーうまそうでした。
それは単純だったしできるかもかも。
日曜日のお昼にでも挑戦してみようかなあ。


今日は先にPSOをやってしまって時間も遅くなりネムネムなのでこれにて失礼。

2005/03/29(火) さくらがさくよ
昨日の日記読み返して、ものすごく眠たかった事もあってか至極解りづらい気がします。
僕は自分の考えに対し矛盾を無くしていこう等とは全く思ってなくて、どこかが矛盾してしまうのはいいと思っています。
そういう自分の中でも外でも移ろっていくようなそんなプロセス全体を、
つまりいい感情も悪い感情も受け入れて認めていけたらなぁというのが基本スタンスなのです。
って、のっけから意味解らないな。
まぁ…前だ後ろだってのは人間というか、多くの生き物に前後ろがあるからであって、
例えば宇宙空間をマリモのように漂う知的生命体が居た場合、
彼らには前も後ろも上も下も無く、それはそれで別に変なことでは無いのですよ、
って遭遇したときに思いたいなぁっていうことです。
話が大きいけど、日常レベルでも同じで、自分の先入観やなんかだけで物事を断じる様な
傲慢な事はしたくないな〜、と。
やっちゃうんですけど。

解りにくい事ばっか言ってますが、どうかご容赦を。


ところで、今日はまた駅から仕事場への途中、また少し横道にそれて桜並木の公園を通ってきました。
ちょっと来ない間にツボミがえらく膨らんでました。
ずっと続く並木道を立ち止まって眺めるとほんのりピンクがかっているように見えたのは思い込みでしょうかハテサテ。
ちょっと小高くなった所でツボミの間近に寄ってじっくり観察。
まだ膨らむ前は木の幹と同じ色のツンツンと尖った小さなツボミだったものが、
まだ先端に尖りはあるもののふくよかに膨らんできて、
色も新芽のような明るい緑にツボミの根元(と言うのかな?)辺りがほんのりと桃色に。
成長が早いものは既に尖りも無くなりまん丸に、今にも弾けそうにパンパンに膨らんでいました。
こういうツボミを見ているとやはり込み上げてくる物は、なんともムズムズするような少しもどかしさを孕んだ笑い。
一人でサクラのツボミをじっと見ながら笑いを堪えている青年のなんと不気味な事か。

こういうもどかしさを楽しんでいるときに、ふと、「となりのトトロ」で、
種を植えたばかりの花壇の前で草木を生長させる踊りを踊っていたのを思い出しました。
ツボミの前であの踊りを踊ったら、ツボミが、ぽん・ぽん・ぱぱぱん、
と弾けて花が咲いたらホント楽しいだろうなと咲き乱れる妄想。
宮崎駿氏はなんであんなに楽しい事を思いつくのでしょうか。
ふと時計を見るとこりゃいかん遅刻すると僕は仕事場へと急ぐのでした。

開花が楽しみです。

2005/03/28(月) くもりなきまなこ
今日は朝からずっと雨でした。
夕方頃少し止んだりしたもののずっとしとしと。

雨の中、駅から仕事場へと歩いて行く途中、ミョーな物が落ちていました。
初め見たときは変な生き物に見えて、少しギョっとしたけど、
見てみると何のことはない小さなE・Tの人形でした。
なんだE・Tかとか思って通り過ぎたもののハタと、いや、E・Tってかなり変だな、と思いました。
正直、気味悪いと言うかなんというか。
ただやはりあの映画を見た上で言えばそういう感情は無くなっています。
そこは、スピルバーグ氏の凄さだと言うところでしょうか。

作品中に登場する大部分の人はその異形の姿に恐れとか嫌悪をあらわにします。
多分、日常に別の生物としても現れないであろうあの特異なビジュアルを何なのか処理・解釈できなくなるからなのでしょうか。
例えば、E・Tが猫そっくりだったら、あそこまでは怖がられなかったかもしれません。
僕らには、あの類の形の生き物が自分たちに危害を加えないと言う「雛形」のようなものが無いのです。
そういうこと自体を描き、最後には登場人物たちを通じて映画を観た人たちが気づかないうちに、ある高み、
この場合、異形に対する理解、という所にまで持っていかれてるというのは本当に凄い事です。

「くさい」という嫌悪は人間特有のものだ、という話を聞いた事があります。
そういえば、他の動物は匂いと言う物は一旦嗅いでみて、それが体に不快な物かとか、
美味しそう等など、そういう判断を下す材料にします。
例えば「ツーン」とくる薬品的なものは肉体的に不快なのですから大体どの生物も鼻をつまむでしょう。
でも、体臭や排泄物の臭いに嫌悪を示す生き物は人間だけのように思います。
犬なんか平気で雲古なんかをくんくん嗅ぎます。
人間が、そういった臭いを「不快」とし、嫌悪するのは、どうやら後天的な、すりこみのようなものらしいのです。
臭い→汚い→不衛生→不快→嫌悪、というふうにどんどん連想してイメージを膨らませます。

別に汚いを推奨するわけでもないですが、こういった刷り込み的な前提で
物事を断じてしまっている事ってよくあるなぁと思うのです。

「もののけ姫」のアシタカが言う「くもりなきまなこ」と言うのはそういった前提に囚われない
ありのままのものの見方の事を言うのかなと思います。
くもりなきまなこがあれば、知識は求めなくても、その見た物感じた物から智慧が生まれるでしょうし、
その智慧から、結果としての、経験としての、知識もついていくのだと思います。

ハテサテ、僕はこのまなこのウロコをどうはがしましょうか。

2005/03/27(日) ふりったー
今日はお休み、ということで、例によって晩御飯作りました。
午前中に食材を買いに行ったのですが、なかなか生鯖が無くて四件目のスーパーにて発見。

他のメニュー用の食材も買い足して帰宅。

今日のメニューは、鯖のフリッタートマトソース、アスパラ・マッシュルーム・ホタテの貝柱のわさび風味ピザ、サラダに併せた卵スパゲティでした。
並べて見るとどれも謎な感じ。

フリッターは鯖を軽く塩して、塩コショウ混ぜた小麦粉を振って油で揚げる。
その上から、ホールトマトに下茹でした赤と黄のパプリカとブロッコリーを入れ調味したものをソースにしてかける。
ピザは、生地は今回も作らず、市販のものにオリーブオイルを塗って塩コショウとドライのオレガノを振り、
チーズを薄くひき、その上に具材を載せ、さらにチーズの載せて、
その上から、薄くスライスした山葵に湯通しして微塵切りにしたものを振って焼く。
最後にフレッシュのイタリアンパセリを少し。
サラダは緑の野菜を各種にオリーブオイル、バルサミコ酢、塩、胡椒で味を付け、
卵パスタは、卵の黄身、微塵切りにんにく、オイスターソース、しょうゆ、しお、オリーブオイルを混ぜたものに、
茹でた熱いパスタを入れサッと合えたもの。
その上に余った卵の白身を塩で少し味付け、松の実を入れごま油で炒めたものを載せました。
卵麺と白身の料理は本当は中華のレシピですが、そんなに違和感はなかったです。

で、出来上がり、ちょっとタイミングのずれがあり、フリッターが出来たてホカホカでは無かったのですが、
冷めているわけでもなくとてもおいしかったです。
ソースに入ったごろごろブロッコリーもなかなか見た目にも可愛く、パプリカのほんのりとした苦味も良く合いました。
何より、鯖!
先生に写メール画像を見せたら切り身がちょっと大きいとの事でしたが、それでもおいしく頂けました。
ピザはあっさりとしていて、チーズの味がしっかり出ていて、しかも素材各々の味もきっちり感じるいいピザでした。
今回はマッシュルーム・アスパラに下茹でをしました。
茹でたてのアスパラなんかは本当に美味しそうな野菜の香りがしてたまりませんでしたわい。
で、このピザの山葵なのですが、けっこうな量をかけたにも関わらず、
つーんとすることなく、本当にほんのりと風味がする程度でした。
イタリアンパセリも載せてたので、若干それに負けてたかも。
とはいえ、おいしかった。
卵パスタは味付け失敗。
まずくは無かったけど、オイスターソースが少し多くて、その味が目立ちすぎてました。
本当は卵のマッタリとした柔らかい味が一番しててほしかったのだけど。

僕は料理の時に、大さじだ小さじだ何グラムだとは全く計らず、目分量もいいとこなのですが、
ある程度味見しながら少なめからの味付けなのであまり失敗はしてませんでしたが、
今回のこの卵麺はもともと初めに美味しいのを食べていただけに残念でした。

この美味しかったものを作って他の人に食べさせる、と言うのは
これはこれでコミュニケーションの形なのかな、と思います。
もちろん、食べるということはそれ自体が目的なので、あくまでもオマケ的な要素なのかもしれませんが、
絵や音楽や写真がその人が見てきたもの聴いてきたもの感じてきたことが表現の元になるように
「料理」もその作る人がこれまでに味わってきたものに影響されるものだと思います。
出来上がりに個人個人の違いがあるなら、それはも立派な表現とも言えるのでしょうね。
等と思いつつ料理していました。
さぞ理屈っぽい味だった事でしょうね。

↓鯖のフリッタートマトソースとピザ。ピザが明るすぎるなぁ。

2005/03/26(土) ちょっとしたことで。
昨日の話ですが、晩御飯がカレーでした。
普段、僕が作ってるわけではないのですが、
これまでのウチの作り方だと、肉を炒めてそこへ野菜を入れて一緒に炒めて・・・という手順を踏んでいました。
僕が今年の始めに北海道に行った時に友人に食べさせてもらったビーフシチューがとてもおいしかったのですが、
調理手順としてウチと違ったのが肉は初めに強火でガーーーーッっと炒めて、一旦皿に空けて、
その後で野菜を炒めてそこへまた肉を足して火を通すという手順での調理でした。
それ自体は、一般的なことなのかも知れないのですが、
とにかく、ウチではそうはやっていませんでした。
そして、今回、手順の中にこういったポイントを踏まえて作ると、いつもよりもおいしいカレーができました。

おいしくなった理由は単純で、強火で炒めた肉の表面が、
長時間煮込んでも内側の旨みをルーの中に逃してしまわなくなるからだそうです。

「理に適う」という言葉があります。
このカレーにしても、その小さなひと手間はとても理に適ったものだと思います。
「言われてみればそうだなぁ」と。

誰かに聞いた話ですが、フレンチなんかで、コースの最後には必ずデザートが出てきます。
一方、和食等にはあまりつきません。
それは何故かと言うと、和食は煮物やなんかに砂糖は使うけれど、
フレンチは料理自体には砂糖はあまり使わないそうです。
その不足がちな等分を最後のデザートで補充するのだ、ということです。
人間はその時不足している栄養素を自然に食べたいと思うそうなのですが、
だから、料理でおなかいっぱいになった後でも食べる事ができるのでしょうか。
この話も至極「理に適った」、腹にすとんと理解出来るものだと思いました。

料理の手順にしても、落書きにしてもなんにしても、この理に適うというか、
セオリー的なものを踏まえると言うのはとても大事な事だと思いました。
とはいえ、そこから、それに囚われずにセオリーを越えた所で工夫するというのもまた大事。
そのさじ加減や工夫そのものや、セオリーに理解がすとんと及ぶときと言うのは面白い。

料理って楽しいです。


ところで、日曜日に四天王寺の市で買ったドライフルーツがおいしいです。
買った当初は、ちょっと高いなぁと思っていました。
でも、粉砂糖をまぶして甘みを足してるわけでもないのに、
十分に甘く、なによりも果物のの味が凝縮されています。
これなら全然高くない。失礼しましたです。

2005/03/25(金) ブルースおやぢ
大阪に中島らもという作家がいました。

氏の作品は小説よりもエッセイの方を多く読んだのですが、
その中の一冊にあるブルースマンの話が載っていました。

ブラインド・レモンというブルースマンが居て、若い頃から既に名声を得ていたのだそうですが、
第二次世界大戦の折、アメリカの兵隊としてドイツへと派兵されました。
そこでドイツの捕虜となってしまい行方不明になるのですが、
終戦後、ある収容所で彼は発見されました。
その時彼は、度重なる拷問のためか完全に失明していたそうです。
そんな彼に、彼をブルースマンであると知っていた兵士の一人がギターを手渡し歌を歌ってもらいました。
その盲目となったブルースマンは、以前よりも遥かに深みのある、哀愁の漂う声でせつせつと歌ったそうです。
そうして彼はブラインド(盲目の)・レモンと呼ばれ、再びブルースマンとしての名声を得たという話でした。

ブルースというのは、深くは聞き込んでいませんが、音楽的才能云々よりも何よりも、
その人生で感じ学び得てきた事がダイレクトに味として出る音楽のように思います。
だからどうしようもない人生を歩み酒とタバコでつぶれた喉から出す声が一番合うのでしょう。

そして、この中島らもと言う人もブルースを歌います。
もともと作家として世に出、リリパットアーミーという劇団をやり有名になっていったのですが、
あまり世に知られるほど本格的に活動していないこのブルースバンドも、僕は素晴らしいと思います。
ちなみに、僕は、演劇のほうは残念ながら見たことはありません。
友人の演劇好きが演劇を好きになったのはリリパットアーミーを見たからだと言っていました。
リリパットアーミー自体は、わかぎえふと言う人が継いで活動しているようですが、それにしても残念です。

中島らも氏はかなりのフーテンで、近年も麻薬の不法所持で捕まったり、
酒の飲みすぎで死にかけたりと無茶な話が尽きませんでした。
麻薬と酒、と聞くと眉をひそめる人も多い事でしょう。
でも彼の一文で
「世の中に腐臭を感じ、そしてその腐臭の一番するところは自分の胸元だった」
という言葉を聞けば、その想いの片鱗は解る人には解るでしょう。
もちろん、解らない事は悪い事ではありません。
僕も解りません。

そういった人生でボロボロになった体を引きずった彼の野外でのステージを見ました。
文字通り、彼はよたよたと歩きギターさえも重そうに持ち、
昼間の太陽が眩し過ぎるからか焦点の合わない目を隠すためかサングラスをし、
ぼさぼさの長い髪をしてそこに居ました。
彼は歌いました。
「いいんだぜ、いいんだぜ、お前が○○でも」
そこにはあらゆる欠点が当てはめられ唄われていました。
「いいんだぜ、いいんだぜ」
彼は繰り返しこのフレーズを唄いました。
「いいんだぜ」
と、ダミ声で繰り返し繰り返し。

ただ、優しい、寛容、と言うものとは違います。
そこに唄われている感情は大きすぎて僕には「理解」できません。
それでも、それなのに、この唄声を聴いたとき、涙が出ました。
唄っている事は滅茶苦茶な言葉を使い、滅茶苦茶な事も「いいんだぜ」と唄って赦す。
なぜなら、自分自身がずっと滅茶苦茶に生きてきたから。
滅茶苦茶であると言う事が誰よりも解るから。

「ちゃんとした人」にとっては氏の感じてきた感情はことごとく、
ズボラで軟弱な人間の戯言にしか見えないかもしれません。
でも、はっきり言えるのはそういった人たちの言葉は、表現は、絶対に僕を泣かせる事は出来ません。
まぁそれも「ちゃんとした人」達には意味の無い事なのでしょうか。


僕は改めて中島らも氏のご冥福を祈ります。合掌。

2005/03/24(木) 少したてこんだ一日
今日は朝から仕事で京都へ行きました。
けっこう時間がかかると思っていた作業もサクサク進み、
昨日も同じような内容の仕事だったにもかかわらず三分の一ほどの時間で完了。
そして、次は神戸に。
次の仕事までに時間に余裕もあったのでお昼を食べに前から気になっていた中華料理店に
仕事で同行の方に提案してランチを食べに行きました。
中華料理って言っても味付けは上品でバリエーション・ボリューム共に申し分なく、
仕事で来てるにもかかわらずかなりマッタリといい時間を過ごしました。
そののち神戸での仕事も予定よりは早くに終わり、一旦仕事場へ戻った後に
今度は大阪にー。三都物語。
なんだかんだで、戻るのが遅くなってしまってそこそこ遅くに帰宅。
今日以降ちょっと立て込みそうな気配。がんばろうー。

帰り際、みぞれが降っていました。
職場の上の人が自分の誕生日の辺りで必ず雪が降ると言っていたけど、これがそうなのでしょうか。

昨日までのラクガキが済んでちょっと気が抜け気味。
明日は早めなのでこれにて。

2005/03/23(水) EMOTION
いつの頃からだったか、はっきり覚えていないが、多分大学に行っていた時代のいつかでしょう。
エモーションという言葉がなんとなく気になっていました。
友人がパンクか何かについて話していたときに「あのエモーショナルな曲調が云々」とか
確かそんな使い方でその言葉が出てきたのだったと思います。
それ以来、なんとなーく、特に意味も無くその言葉が気になっていたのです。

たしかその時は、会話の流れから訳としては「(心の)叫び」というようなものだったと思います。
僕はどちらかと言うと、というかあからさまに、やる気バリバリの前のめり人間ではありません。
だからその言葉が持つ、自分に欠けている部分、エネルギッシュなイメージが引っかかったのかもしれません。

去年の暮れだったかに読んだ本の中でそのEMOTIONについて触れている章がありました。
そこにはこうありました。
感情というものには、EMOTION(情緒)、PASSION(情熱)、SENTIMENT(情操)の段階があり、
後者になるほど人間として高尚な感情となる、というものです。

別に僕は何がしかの高みを目指している訳ではないのでそのランク分けのようなものには興味があまりありません。
高い低いも数あるベクトルの一種類にすぎませんから。
なので、僕としては、その三つはある種の循環としてとらえたいのですが、その辺はまた別の話として、
最近、ふとこういうイメージが湧きました。
原点となる感情のエネルギーそのものようなものがEMOTIONでエネルギーとしての「電気」
それが昂じて激しく沸き立ち「火」のように燃え上がるPASSION
昂まり続けた感情がある時に昇華され「水」のように澄んだSENTIMENTになるというものです。
まぁ、この三つのイメージ自体が目新しいものでもないし、陳腐といえば陳腐なのですが
僕にはこのイメージはしっくりくるのです。

感情というものは自分の内に感じる事が無ければ他人の中にある同様なものを感じ取る事は出来ないと思います。
感じ取る「雛形」が無いというか。

僕はよく誰かが何かを思ってても親身になりきれていないと感じる時があります。
まぁ当たり前なのかも知れませんが。
足りないものほど気にかかるのか、僕は相変わらずそのEMOTIONという言葉が気になります。

2005/03/22(火) えらいこっちゃ
今深夜二時です。
ねむいです。
オエカキしてたらこんな時間に。
今日はONせずこのまま昇天したいと思います。わふー。

今日は本を二冊買いました。

一冊は小説「ネガティブハッピーチェーンソーエッジ」
なんかかっこいいタイトル。
内容はまた読んでから。

もう一冊は、故いわさきちひろさんの没後30周年記念「ちひろBOX」
誰でも見たことがあるであろうこの人の絵はありえないくらいに暖かさが満ち溢れています。
そして同時に、しん、と澄んだ空気感も感じられます。
まだジックリみてないけれども当たりの確信。
楽しみです。

大友克洋氏がある対談の中で一本の曲線もそう思いながらひけば地平線に見えると言っていました。
絵でも写真でも文章でも、あらゆる表現にはその人となりや精神的な作用というものはにじみでるものですが
それは、その作り手自身にも制御しきれない、どうしても出てしまう味というようなものなのだと思います。
例えば論理的な人が描く「論理的な」絵であるとか。
このいわさきちひろさんの絵からにじみ出るまなざしはなんなのでしょうか。
この人には世界はどう見えていたのでしょうか。
こんな風に優しさが溢れる絵を描ける様な人には単純に憧れを覚えます。
多分、男には描けない絵なのだろうなぁ。

扉絵の女の子が着けている赤い毛糸の帽子と手袋はとても暖かそうです。

3月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.