〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2005/10/25(火) 取材
読売新聞の女性記者から、大足のシンデレラ本がらみで電話取材を受けた。つくづく思う、取材するほうが取材されるよりどんなに楽か、と。彼女によると、今は、身長は変らずとも女の足は大きくなってるとのこと。畳の上での正座が少なくなったとか、栄養がよくなった、スニーカーが多くなって、足を圧迫することが少なくなったとか、いろいろな要因が考えられるらしい。24.5センチ以上の靴しか扱わないという靴屋さんもあらわれたそうで、昔、男物の靴をはいてた私としては、ああ、よかったな、と思ったけれど、これは問題だ、とすぐに思ったのは、そういう靴屋さんでは、店員さんに、やはり同じ大きな足の女の人しか雇わず、男性は雇わないとのこと。それを聞いたとき思わず、じゃあ、私は日本に帰っても仕事がありますね、と叫んでしまった。(笑)結論はもちろん、そういう靴屋さんに男の店員さんがいても、靴を買いに来た女性も、働いている男性も何の違和感もない社会を創らねばならない、ということである。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.