〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2005/10/08(土) ジュンフジタさんの短歌集
インターライブラリーローンで頼んでおいたジュンフジタさんの短歌集が、シカゴ大学から送られてきた。わくわく。。。本を開いて、フジタさんの神経質そうな細い筆跡の献辞に出会う。1924年7月16日付だ。短歌は春夏秋冬を謳ったものだけど、やっぱり気持ちが通じるように思ったのは、「冬」からはじめていること。いのちを静かにじっとはぐくみ、春を待つ力を知っている「冬」ー人生を季節にたとえるなら、冬はまるで人生の終わりのように考えるのが普通だろうが、冬を「はじまり」とする眼には、死に永遠の生命力を見る死生観が漂っているような気がするーちょっとフジタさんに近づいた気がして、再びわくわく。にこにこ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.