〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/10/12 めんどくさいということ
2019/10/07 秋想
2019/09/28 同じパターン(悲)
2019/09/26 幸せって。。。
2019/09/15 いろいろ

直接移動: 201910 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2005/08/30(火) 取材者とは
新刊書をマスコミに送るので知人がいたら教えてほしい、と編集者に言われて、昔の名刺をひっくり返した。ああ、こんな人もいたな、あの記事を書いたときに出会った人だな、と、自分がここまで来るのにいろんな人に出会ったことを改めて実感。でも、果たして向こうは私を覚えていてくれるものだろうか。もう10年近く前の話だし、と非常に疑問に思いながら、某新聞社の東京本社に電話した。私のことを記事にしてくれたときは、新聞社の旗を立てた車と運転手つきで、私のプロジェクトを取材してくれた人である。名刺には単に記者とあった。すぐに電話に出てくれての第1声が「おひさしぶり」ええっ、こっちは拍子抜けもいいところである。「覚えていてくださったんですか」よっぽど印象深かったのだろうか。。ひとしきり話をして、電話を切った。あとでネットで調べると「社会部部長」とあった。そうかあ。。でも、肩書きはみじんも出さず、ていねいにいろいろ教えてくださった。「取材」ー自分自身の経験も含めて、不思議な人間関係を紡ぐ行為だと思う。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.