〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2006/10/31(火) 翻訳本
いよいよ今年も残すところ、あと2ヶ月になってしまった。そろそろ本腰を入れねば、と思って、やっと腰をあげたのが、4冊目「日本の兵隊を撃つことはできない」の翻訳本である。プロに翻訳を頼んでいるが、そのチェックがほったらかしになっていた。いよいよ今年もあと2ヶ月となって、ちょっとこういう状態ではいけない、という気になってきた。次回のツールレーキ隔離収容所巡礼は2008年である。そのときには、英語に訳された本を持って、もう一度出かけたいものだ。最初の日本語本が出たのが2000年。はじめて巡礼ツアーに参加したのが1998年。そのときのことは本のエピローグにした。あれから10年。今度は英語本をもって、もう一度巡礼ツアーに参加しよう。目の前に見えてきたゴールの一つである。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.