〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年2月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2006/02/21(火) リンカーンさんの女性問題
今日はけっこう気分がいい。リンカーンさんの女性問題がけっこう簡単に書けたからだ。やはり、昔ローソンで週刊誌の立ち読みを趣味にしていただけあって、この手の話題は飲みこみが早い(笑)それにしても、リンカーンさん、困った男だ。哀れでもある。しょせん女嫌いだったと思う。が、気にならなかったわけでもなく、適当に追っかけ、女心をつかんだと思いきや、急に女が面倒くさくなって、自分から婚約破棄して、逃げ出してしまう。ところが人間関係構築ではかなり気が弱かったと見えて、逃げたら逃げたで、自責の念にさいなまれ、もう一度プロポーズしなおし、今度は女に振っていただいてやっと安心する、というご丁寧さだ。妻となった人も一度はリンカーンに婚約破棄されたけれど、押しが強かったのだろう。リンカーンさんの弱気を女の強気が支える感じで無事結婚。が、やはりエネルギーのバランスが悪かったと見えて、結婚生活が幸せなものでなかったことはよく知られるところだ。女の強気がリンカーンを大統領にまで押し上げたが、すぐに暗殺されて、のちに女も狂気に駆りたてられていく。人生、1にも2にも無理は禁物である。幸せな結婚に必要なものー階級の一致だろう。ロミオとジュリエットにしろ、ウエストサイド物語であろうと、政治的に敵対していても、階級が同じなら、つまり貴族同士、貧しい移民同士というなら、たぶん結婚は可能だろう。が、貴族と移民では、どんなにいっとき激しく「愛」をわめこうが、結婚は無理だろう。政略結婚じみてたリンカーンさんとこの末路がいい例だ。。(笑)娘にも、よく言っておかねば。。。といって、言えば聞くようなら苦労はしない。。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.