〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2006/04/02(日) キリスト教伝道
本を読んでいて、19世紀はじめアメリカ人が西進しはじめた時、教会同士が競争していたと知った。つまり、西部へのカソリックの進出は絶対に阻止しなければならないし、プロテスタントのあいだでもどの教会が西部で有力になるか−メソジストだのコングリゲーショナルだのプレスビテリアンだのーで、お互いけんかしていたそうな。要するに数少ない信者のとりあいというわけだ。これだから組織宗教はいやだ。確かに組織だからこそ大きなことができるという利点はあるのだけど。。。たとえば、インディアンをクリスチャンにすることで、インディアン文化を抹殺しようとしたこと、日系人強制収容の歴史では、仏教開教師に疑いの目を向けられたことーアメリカ社会におけるキリスト教の役割の大きさと深さに、今さらながら驚いてしまう。同じようにアジア系というマイノリティでも、クリスチャンならアメリカははるかに生きやすいのだろうなあ。少なくとも、教会という自分の居場所は見つかるのだろう。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.