〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年1月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2007/01/22(月) アメリカの自由
きのう、友達が遊びに来てくれるというので、スーパーの酒セクションにアルコールを買いに行った。いつものビンを探していたら、後ろからおばさんに声をかけられた。「ちょっと、ちょっと、まだ閉まってますよ。11時からだから、あと10分ほど待たないと。。」ああ、今日は日曜だった。そうですか、ここは11時からか。どっかは12時からだったな、と思い出した。つくづく思う、アメリカは自由の国といわれるけれど、「自由」とは決して何でもできる、ということではないということだ。日本の日本人に、この「自由」の意味がどれだけわかっているのだろうか。今だに、日曜日は安息日とかで??ー安息の意味すら分からないけど笑ーなにやら教会に行く午前中はアルコールを売らないところがいっぱいある。どうやら州の法律と町の条例?で決まるらしく、同じイリノイでも、ミツワのある町は12時だったような気がする。さすがカリフォルニアにはこの法律はなかったような覚えがある。要するに、アメリカの「自由」のコンセプトの下には、確固としたゆるぎない一本の筋が通っているのである。敗戦後、日本が戦後教育を通して手にいれた「自由」には、この一本の筋がない。教育改革とやらで、いよいよ「ゆとり教育」が見直され、奉仕活動が義務化されるとニュースで読んだ。ああ、馬鹿な日本人たちめ。社会に一本の筋がなかったら、「ゆとり」も「奉仕」もしょせん形骸化するだけなのである。表面だけやっているつもりで、結局は中身がなく、本質的な力を生まないスローガン倒れー税金を使って、お上が進めた”国際交流”のカルさ、一方的な自己充足感と同じである。ほんとに教育改革をやるのなら、「朕」を除いた新教育勅語でも作って、毎日暗唱させて、人間づくりから始めるべきである。揺るぎない一本の筋を身体にたたきこむことーあと10分待たないと、アルコールを売らないと言われても、もう私は腹立たしく思うこともなく、むしろ私に、アメリカの自由をささえているのと同じ一本の筋ー「俯仰天地に恥じず」という言葉を教えていた戦前の教育のすばらしさを思いだしたのだった。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.