〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年1月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/14 防犯電話
2020/07/09 なんでえ。。
2020/07/07 気持ちすっきり。。(笑)
2020/07/06 雑感
2020/06/28 いろいろあります。。笑

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2007/01/09(火) 肉体という物体
職場の同僚のリンダが脳溢血で倒れたので、きのうみんなで病院にお見舞いに行った。右腕の様子がおかしい、とすぐに気づいて病院へ行ったおかげで、なんと麻痺は右腕の肘から下だけ、だった。それ以外に麻痺は残らず、普通にしゃべることもできるし、車椅子も使わずにすむとのこと。脳の出血も打ち身みたいなもので、もう回りの細胞?に吸収されてしまったとのこと。非常にラッキーなケースだろう。それでも彼女が感覚がなくなった右腕の肘から下を見せたとき、ぎょっとしてしまった。だらりと垂れ下がった腕は肉体には見えない。ただの物体である。本能的に、もう肘から下を切り落としてしまったら、と言いそうになってしまった。それぐらい、「見えて」はいても、存在しない「物体」だった。一応身体の他の部分とつながっているから、かろうじて腕なんだろう、手なんだろうと納得させられる程度だ。本人はどんな気分で、あの物体をぶらさげているのか。リハビリに励んだら、あの腕をコントロールできるようになるのだろうか。脳がコントロールできてはじめて、物体は肉体になるのだ、と改めて思った。リンダが数回繰り返した言葉ー人生、何が起こるかわからない、突然やってくる。。。今日一日無事に、この「物体」をコントロールしきれば、ほんとに幸せの限りである。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.