〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年5月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/06 雑感
2020/06/28 いろいろあります。。笑
2020/06/21 階段を下る
2020/06/17 自然対教育
2020/06/16 コーヒー1杯

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2007/05/26(土) リラの花咲くころ
昔、新潮文庫で、村岡花子訳「赤毛のアン」シリーズを必死で読んだ。その中に、「リラの花咲く頃」という本があった。読んでいて、リラの花ってどんな花かさっぱりわからず、いつか知りたい知りたい、と思いながら、思春期を過ごした。リラとはライラックのことと知り、庭に植えた。そして、「リラの花咲く頃」とはどんな「頃」かよくわかった。春である。(笑)それも、大風やら大雨やらと春の嵐が吹きあれるころである。結局、庭のせっかく咲いたリラの花も、ここ数日の嵐のおかげで、きれいになくなってしまった。あの、むっとするほど甘い、咲き乱れるリラの花は1週間としてもたない。残るのは、けっこう不細工な葉っぱがもさもさである。それで240日過ごして、あとの120日は裸で、花は5日もつかもたないか。ああ、なんと不公平なことか。。でも、その5日の香りのために、また1年待つわけである。これって、病気の少女のために、窓の向こうの隣の家の壁に葉っぱの絵(?)を描いた老人の気分だあ。。(笑)確か老人は、そのために風邪をひいて死んでしまったけれど、少女の病気は治ったんだったっけ。。。自然の力ってほんとにすごいと、心から感心する。待つ力を与えるのである。我慢して、「その時」が来るのを待つ。。来年の「リラの花咲くころ」を楽しみにして、またこの1年がんばらねば。。。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.