〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年5月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/06/23 雑感
2019/06/16 雑感
2019/06/13 すごい2
2019/06/12 すごい1
2019/06/06 年をとっている。。。悲

直接移動: 20196 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2007/05/05(土) 感謝
チューリップの花が終わりかけた。来年もまた咲いてね、と声をかけながら、花が落ちた茎を切り落としていく。残った葉っぱがいっぱい宇宙のエネルギーを吸い込んでくれて、来年も立派な花が咲きますように。。花の命は短い。でも楽しませてもらって感謝である。人間の命も同じかな。。。生きてるうちに、人様のお役に立たねば。。。(と、こんなことを考えるなんて、”わがまま”だけで通してきた私も、年をとったものだ。。悲)そんな思いが通じたのか、インディアナから例のガン”お姉さん”から資料が届いた。声を聞いていると、若いのかな、とか思ったけれど、資料を見て、かつ添付されたメモの字を見ると、私よりも年上かも知れぬ。すぐに感謝のカードを書いて、送ることにした。まだ生きてる者のエネルギーが伝わりますように。。(ガンであろうとなかろうと。。。)送られてきた資料の写真を見ると、フジタジュンさん、贅沢な家に住んでいたものだ。壁がない。ぜんぶガラス張りである。外の森と家の中に一体感が生まれていたに違いない。ああ、私もこんな家に住んでみたいなあ。。私の神様、木々に囲まれて生活する感覚。。どんなだろう。ガラスの壁があるとは知らずに、この窓にぶつかって死んだ鳥も多かろう。ガラス張りの家と見て、また見に行きたいところを思い出した。ここから30分ほど南にある町の有名な建築家の、ガラス張りの有名な家である。フランクロイドライトとか、シカゴの著名文化人とつながりのあったフジタジュンのこと、この家を見て、自分もほしくなったのではあるまいか。エネルギーがつながっていく。。自分を取り巻く世界の広さ、大きさを知れば知るほど自分が小さく感じられて、と同時に、謙虚に生きろという内なる声が聞こえてくる。小さく、謙虚に。。。それでも、「小さきは小さきままに 折れたるは折れたるままに コスモスの花咲く」 今、あることにただ感謝である。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.