〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年5月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2007/05/06(日) Farnsworth House
Ludwig Mies van der Roheが作ったガラスの家、Farnsworth Houseの資料を見て、びっくりした。彼がこの家を作ったのは、なんと1945−51年である。ジュンフジタのあとではないか。フジタは、ガラス張りの家を戦前の1940年ごろに作っているのである。ありゃ。。。有名な世界的建築家の作品にけちをつけることなど私にはできないけれど、ガラスの家のコンセプトはフジタから盗んだ???いやいや、もっと調べねばならぬ。。。それにしても、床から天井までのガラスの壁、梁をむきだしにする、床を地面からあげて、空中に浮かんでいるコンセプト、そして、空間をさえぎるものは何もなく空間全体を一つの部屋に考えて、しかも暖炉を空間の真ん中に置くというコンセプト。。。フジタの家と、世界的作品とはまったく同じなのである。。で、資料を読んでいると、Mies van der Rohe の施工主、医者だったエディスの趣味は、詩を翻訳すること。。ぎゃあ。。。詩関係で、エディスとジュンフジタはつながっていた???とにもかくにも、知れば知るほど、ジュンフジタという人物の深さに惹かれていく。。と同時に、シカゴという土地の面白さにも。。。そういえば、ウイスコンシンで訪ねた、奴隷の逃亡を助けた「ミルトンハウス」も、ジュンフジタの家同様、5角形で、かつ建物の真ん中に暖炉をおいて、効率よく熱を建物に回すという構造になっていたな。。。ジュンフジタについての学会発表は来月である。建築まで勉強せねばならない、となると、間に合いそうにない。。(悲)ああ、戦後の薄っぺらい?教育で育った人間には、まったくもって手にあまる明治男だ。。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.