〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/19 ドライブと太鼓
2020/09/13 秋本番
2020/09/08 老いの現実
2020/09/02 半年ぶり
2020/08/27 世間様(笑)

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2007/06/30(土) 墓場にひまわり
やっと蛍があちこちにとびかう我が家の庭に戻ってきてホッ。週休3日の夏スケジュールに入って、久しぶりに園芸店に行ってきた。「トールクラブひまわりの会」をはじめるためのホームページ作りをうんうん言いながらやったあとの気晴らしである。ページに使うひまわりの無料アイコンを探したものの、いいものがなくて、ありゃ、これは自分でひまわりの写真をとらなくちゃ、ひまわりなんてイリノイで咲いてるの、と思いながら店に行くと、なんとひまわりをいっぱい売ってるではないか。ひまわりは一年草?だそうで、普段は買わないが(けちだから、1回植えれば何年でも楽しめる多年草・木?しか買わないー笑)、今回は迷わず買ってきて、木たちの墓場に植えた。墓場にひまわり、である。何か象徴的なものを自分でも感じている。枯れた植木を集めて墓場を作っているのは、たとえ枯れてても何か生きてるものに力を与えてくれるのではないか、癒しの力をもってて役に立てるのではないか、と信じているからである。そんな枯れた植木たちに囲まれた「ひまわり」は、私にとって再生の象徴である。50を過ぎてからの再生ー死ぬまで生き続けるのだから、今、再生の時が来たことに感謝せねば。若いときは「ひまわり」なんて思いつきもしなかった。大輪なんて、自分の恥をさらすようなもののようにはずかしく思っていたからである。でも今やっと、大きくて、まっすぐ空に向かって伸びようとする花をまっすぐ受け入れられる気持ちになった。これまでの私に我慢してくれた、そして私を支えてくれたすべての出会いに感謝である。デジタルカメラをもっていないから、明日配偶者をわずらわして、庭のひまわりと店のひまわりの写真をとっておこう。。。ついでにあと二つぐらい買ってこようかな。。庭にひまわり畑まで作ったら、それこそオバタリアンの骨頂を極めることになるのかも(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.