〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年11月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/07 気持ちすっきり。。(笑)
2020/07/06 雑感
2020/06/28 いろいろあります。。笑
2020/06/21 階段を下る
2020/06/17 自然対教育

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2008/11/26(水) 勇気
知人(若い日本人女性)監督の映画が完成したというので、シカゴまで見に行った。感激した。といっても、映画の出来が特別いいからというわけではない。(笑)実は、パーティの席で監督から、映画の企画段階から話を聞いていたのである。パーティの出席者からは、やいのやいの批判の声が出た。沖縄の米兵レイプ事件という基地・政治問題、黒人がからむこと。。。扱うのがむずかしいのでは、という声だった。そして、ストーリー自体もありえるのか、と。。パーティには精神科医もいたから、何かと議論が面白かった。それから、1度、シカゴでの撮影現場を見せてもらい、それから2回試写を見た。まだ音楽が入っていない段階である。ストーリーだけを見て、みなが批評するのである。相変わらず、私ははっきり批判した。(笑)だって、どう見ても、どうもなあ、と首を傾げる出来だったからである。そして今回は、いよいよバックグラウンドの音楽も入り、完成して、シカゴのアート映画上映館での上映である。映画が始まった。びっくりした。しょっぱなから、違う絵が出てくる。流れもぜんぜん違う。ストーリーそのものは同じだが、シーンも、台詞も違う。これはものすごい編集が入ったな、と思った。その途端、感激したのである。作り手の勇気に。。一度、作り上げていたものを、また最初からやり直すのは、ものすごいエネルギーが必要だったろう。発想の転換は痛みを伴う。いままでの考え方を完全に崩さねばならないからだ。少しでもエゴが入ると、発想の転換はむずかしくなる。自分を全部消して、もう一度作品と自分が伝えたいメッセージだけを、とぎすました心でのぞきこむ。そして、思いきって、えいや、と転換する。監督の勇気を見たとき、私も勇気をもらった。3回見て、ほんとによかったと思った。映画の出来よりも、映画作りのプロセスを見せてもらったことで、普段なかなか知りえない世界を見た。そして、私もがんばろう、と思った。リンカーンでふうふう言っているのである。もう4年間ぐらい書き続けてきて、やっと南北戦争が始まった、ああ、もうすぐリンカーンさん、死んでくれるよ、とほっとしているのだが、問題はこれからである。発想を転換せねばならぬ。転換させて、問題を絞りこんで、それからすべてを組みなおし、新しい世界を提示せねばならぬ。。大変だけれど。。。でも、ここが一番楽しい部分でもある。苦があるからこそ、喜びもある。勇気をもつこと。自分のエゴを消す勇気、作品の世界だけを凝視し、思いきって、無駄を削り落とす勇気がもてますように。。がんばるぞ!!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.