〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年3月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2008/03/28(金) 激震地よりー現実
きのう、よく雪が降った。今朝の気温は氷点下5度ぐらい。ああ。。でも、これでやっと春かな。。午後には雪は溶けてしまっているだろう。それにしても、またもや現実を突きつけられた。オフィスに出てくるなり、乱射事件の犠牲者の親から電話があったという。どうやら、息子が残したお金は、なんで父親だけに行くのか、母親と半々にならないのか、という電話だ。げっ、わずか100ドルでー半々にすれば50ドルでーけんかするなよ。。答えは一つー大学の小切手は一人だけに支払われ、それ以降は家族の問題、こちらは関与しない、である。。ああ、こういう現実をつきつけられての結論ー死後に金を残すな、である。殺された息子のお金をめぐってでも、親がごちゃごちゃ言うのが人間の本性なら、親が残したお金をめぐる兄弟姉妹の争いはすごいものになるだろうなあ。その兄弟姉妹にはそれぞれ他人がついてるからな。。ああ、恐ろしい。。。新聞にも、今回の乱射事件では、大学を訴えるのはほぼ不可能だろう、という記事が出ている。32人が殺されたバージニア工科大学の場合は、まだ訴訟はおきていないが、起こすぞ、と通知を出してる家族は20ほどあるらしい。で、その後ろについているのがもちろん弁護士である。シカゴのなんとかという弁護士は、今回の乱射事件で勝てそうだったらーつまり金になりそうだったら、いろいろ調査がはじまってるはずだが、その動きがない、としゃべっている。げっ、糞バエたちめ。。バージニアでは最初の殺人から2時間のあいだ、大学当局が何もしなかったこと、犯人が現役の学生だったこと、などが大学の責任追及を可能にしたが、今のところ、犠牲者の家族には一人10万ドル提供することで訴訟を防ぐ、ということがなされているらしい。。。金になりそうな事件を追っかけて金もうけしたがる弁護士に、事件を煽るメディア、10万ドルを鼻先にぶらさげられて口封じされる犠牲者たち。。息子が残した100ドルを、なんで半々にしてくれないのや、といいたがる親。。不謹慎と非難されることを承知で書くとなら、精神を病んでしまい、自分は誰にも認められていない、と思いこみ、長い葛藤の末、ほんとは自分はこんな人間なんだ、と最後に逆説的な”ヒーロー”の道を選んでしまう人間たちって、案外本能的にこんな汚い現実にうんざりしてるのかも、とか思ってしまわないこともない。最近の日本からのニュースだって、ホームから人を突き落とし、殺してしまった少年だって、いじめられっこ人生だった、というではないか。人は、このうす汚い現実となんとかして補完関係を見出そうとするのではないか。もしそれが、殺人で終わったとしたら。。それはそれで犠牲者ではあるまいか。キャンパスにある教会前に今日もたっている6本の十字架は正しい。。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.