〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年7月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2008/07/27(日) 気晴らしの時間
配偶者が実家に帰ってしまったので、この2週間ほど一人暮らしである。ああ、気分がいい。。空間と時間が自分だけのものになるなんて。。それで、ゆったりした気分で、久しぶりに町をうろうろした。びっくりした。メインストリートに知らない店が2、3できてるではないか。それも私が好きな、アンチークといえば聞こえがいいけど、要するにがらくた屋である。昔、人が使ったガラクタを見ていると、時間を忘れる。結局また、こんなの見たことないな、昔の人は頭ェいいな、で、くだらぬがらくたを買ってしまった。(笑)フィルムを買いに、行きつけのスーパーへ行けば、いよいよフィルムをもう置かないという。。ああ、私もデジタルカメラを買わなくちゃならないのか、とまた別のスーパーへ行った。おお、隅のほうにまだあった。。やったあ、と思って、10本も買ってしまった。これで当分、まだ手持ちのポケットカメラが使えるぞ。。問題は、このままでいくと、フィルムがなくなるということは、現像してくれるところもなくなるということではないのだろうか。。10本も買って使いきれるのか。。ああ、また心配が増えてきた。。(悲)それにしても、この2つめのスーパーも行ってみてびっくりした。えらく店内が変わっているのである。広くなってるし、売り場が変わっている。で、もの珍しさ気分が高揚して、またごちゃごちゃ、フィルム以外にも目についたものを買ってしまった。。(笑)女の気晴らしは何と言っても、やっぱり買い物だあ。。(笑)朝は、今年一番のトマトを収穫して食べ、窓の網戸に黄色いフィンチがへばりついてるのを発見。。どうやらえさ筒に食いついてる奥さん?のフィンチが食べ終わるのをそばで待ってたらしい。。ああ、優しい、うらやましい。。。(笑)一人だといろんな発見があって、ああ楽しい。。。で、きのうは久しぶりにアムトラックに乗ってきた。ああ、これも楽しい。。。今までは、アムトラックに乗るというと、わざわざシカゴまで出かけていたが、今回は、畑の真ん中の小さな駅から乗車。乗るのは私だけかと思えば、なんといろんな人が乗ってくる。大きなシルバーのバックルをつけたカーボーイがいたのにはうんざりである。携帯でしゃべってるのが聞こえてくるに、なにやら馬やらトラックの修理の話である。げっ。。サウスダコタを思い出させないでくれ。。プラットホームがあるわけでなし、柵もないから、通過貨物列車なんて、まるでそこに立ってる私にぶつかるようにして走ってくるから怖い、怖い。。。駅のそばの地元の人が集まる小さなカフェでコーヒーを飲んで(衆視の的となることで、はや旅のエトランゼ気分は始まる。。笑)、無事に乗車、緑一色の一面のとうもろこし畑の中を突っ走る電車はすごく気持ちがいい。。久しぶりに思いっきり本を読む。持っていった本は、イヨンスクの「異邦の記憶」−人間、とりわけ在日にとっての言葉とアイデンティティの問題を深く掘り下げたエッセイ集で、アメリカで日本語人として生きる自分ともつながる問題だし、自分の書き物にもつながっているので、時折窓の外に視線を泳がせながら、読み続けた。。ああ、これこそ旅の醍醐味である。3時間半後、着いた町にはタクシーは一台しかないとか。ええっ。。無事に、いっしょに電車を降りたおばさんを迎えに来てた娘さんがダウンタウンまで連れて行ってくれた。小さなダウンタウンには特に見るものもなく(だいたい週末は人がいなくて、店も閉まっている。。大都会のライフスタイルとはまったく逆である)、たまたま開いてるのを見つけたがらくた屋あさりをして、前から欲しいと思ってた、サーバント姿の黒人女性の人形(これを作ることはもう今では絶対に有り得ない)を買って、涼しい本屋で時間つぶしをして、また電車に乗って帰ってきた。電車代はガソリン代より安いし、疲れないし、本は読めるし、旅のエトランゼ気分は思いっきり楽しめるし、で、なんといっても電車の旅が一番である。夜の駅の前では、テントが張られ、上手なのか下手なのか私には分からないが、ライブバンドががなりたて、地元の人たちがビールを飲んで騒いでいる。ああ、アメリカの田舎町の夏の夜の余興である。ああ、この風情、どこかペーソスが漂うだけに、これまた楽しい。。。それにしても、どんなに町が小さく、寂れてても、酒場だけはあっちこっちにあって、元気に開いて、どこからか人が集まってきている。。人間の本性やら人生とどこかでつながっているに違いない。。酒と女と男。。かな。。演歌の世界だあ、日本人だあ(笑) というわけで、2日続けて、元気に気晴らししたから、さあ、今日からまた仕事をしなくちゃ。。がんばろう。。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.