〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年7月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/21 雑感
2020/05/16 アメリカ
2020/05/10 とうとう
2020/05/07 出口戦略
2020/05/05 ドアホ対アリストテレス?(笑)

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2008/07/08(火) バークレー
無事にカリフォルニアの巡礼の旅から帰ってきた。まだ記憶が生々しくて、何も書く気にならず。たぶん記憶やら思いを「寝かせる」のに、1週間ほどかかるだろう。寝かせたら、寝かせるほどお金になるワインならいいけれど。。(笑)それにしても、バークレーの電車の駅の駐車場には、みんなで共有する車が何台もおいてあった。すごいなあ。。。必要なときだけ、使うという公共の車である。相変わらず進歩的な街だ。あの街を離れて16年、植物はよく伸びるし、花々はきれいし、懐かしかった。でももう一度戻りたいか。。答えはノーである。サウスダコタ時代の友達があの街にいるので会ってきたが、二言目には「you should move in here」ばっかり言うので、だんだん腹が立ってきた。自分がラッキーにもこの街に住めるようになったからといって、断腸の思いで16年前に離れた人間に、ここに移ってこい、というのは傲慢というものである。あの街に家を持っている人間は、他州に移れば豪邸生活ができるだろう。逆に、他州からあの街に住むには、普通の給料では家はもてない。また狭いアパート生活をしながらでも、あの街に住みたいか。答えはノーである。バークレーだけが世界ではない。世界ははるかに広くて面白い。もうバークレー時代は、私の中では過去のものだ。今さら後ろを振り返って、この街に住みたい、などと誰が言うものか。いつも後ろを振り返って、ぶつぶつ言ってる人間にはネガティブのエネルギーが宿っている。あれから16年、紆余曲折を経て、やっとイリノイで楽しくやってるのである。今の生活が大好きである。バークレーよりはるかに、重層的な面白さを感じる。バークレーって、どこかリベラルさえ振り回せば通用するような、単細胞的なノー天気を感じるだよね。まあ他人に、それも一度は住みながら離れざるを得なかった人間に、バークレーをほめたければほめればいいけれど、案外、ほめる人間の小ささを感じたんだよね。まるでそれが、バークレーの単細胞さかも知れない。で、もうその人とは会いたいと思わなくなってしまった。こうやって、サウスダコタ時代の人間も一人二人と消えていく。最後に残るのは??? (笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.