〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年1月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/24 新しい進展
2020/03/22 買い出し
2020/03/17 空襲警報?
2020/03/16 開戦前夜?
2020/03/15 いよいよ

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2009/01/09(金) 10数年ぶりの美容院
娘にせきたてられて、10数年ぶりかに美容院へ行った。覚えている限り、前回プロの人に髪の毛を洗ってもらったのはサウスダコタである。あれから10数年ずっと伸ばしっぱなしにしてきた。美容院に行く手間とストレスを考えると、めんどくさいからである。(笑)イリノイで美容院へ行ったのははじめてである。それでも自分でもなんか長くなりすぎたような気もしていたので、娘がもらってきた20ドル引きのクーポンが気にいって、今朝思い切って、娘といっしょに行ってきた。美容師にあれこれ娘が言った。なんとでもしてちょうだい、と、俎板の上のタイ?かタコの気分である。(笑)どんなものができあがるか、とちょっと期待感もあったが、やっぱり結果は、なんやこれ、がたがたやんけ、なんでこんなことにお金を使わなあかんの、である。(笑)でも、これを言うとまた娘とけんかになるので、黙っていた。(笑) なぜアメリカで美容院へ行かないか。1−美容師がへたくそである。毛先が横にまっすぐにならない。がたがたである。ばか臭い。(笑)2 美容師にああしてくれ、こうしてくれ、という英語力がない。めんどくさい。で、言えても、その通りにしてもらえない、と思うから、初めから言わないし、美容院には行かない。(笑)3 万が一上手な美容師に出会えて、一度きれいになったら、きれいを維持するために、しょっちゅう美容院へ行きたくなるかも。。それは困る。お金と時間がない  4 鏡の前でじっと座っているのが退屈で、嫌いである。いらいらする。できあがってきたのが、自分のイメージにあわないと、ますますいらいらする。(笑)5 独身時代、今から30年も前に、1回5000円以上だして、すごく上手な美容師さんにかかっていた。これで甘やかされて、へたくそなアメリカ人の美容師のところには行きたくない、という気持ちが強い 6 おしゃっれけがまったくない。−これが最大の理由だろうな。実は、トールクラブどころじゃないのである。(笑) 背の高さに関係なく、おしゃれな人は、お金もとんちゃくせず、しょっちゅう行くのが好きに違いない。。。というわけで、イリノイはじめての美容院を経験して、髪はこれまでの半分ぐらいになった。まあ、これも今年のキーワード、「変化」といえば変化である。(笑)これでまたあと20年、行かなくてすむ。(笑)と思って、考えてみたら、次回美容院に行くのは死に装束用になりそうだ。(笑)あとわずか20年かあ。20年後も元気に美容院に自分の足でいけるようにしておかねば。。。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.