〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年12月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2009/12/15(火) 男たちの連帯と女
タイガーウッズのニュースを、日本のオンラインニュースで読んでいる。アメリカではどういう扱いになっているのかさっぱりわからない。(笑)で、今日読んだニュースでは、日本の若いゴルファー、18歳の石川という人に、先輩のゴルファーが「女には気をつけろ」とアドバイスした、と流れていた。ウッズみたいになるな、と。「女には気をつけろ」という男の連帯か、と笑ってしまった。気をつけねばならない女って、ゴルフ用具を振りかざしてウッズを追いかけた嫁さんか、それとも浮気をばらすことに何の躊躇もない女たちか??(笑)それにしても、このごろは「男には気をつけろ」はあんまりニュースにならないなあ。。痴漢防止用にと、女性専用車両が走るようになったし、痴漢だ、と駅員に突き出せるようになったし。。昔は、痴漢に「触らないでください」というと、電車を降りたあともつけられて、家庭教師先の表札を見て、電話までかけられて。。やっぱり「男には気をつけろ」で、逃げるが勝ちって感じだった。。今は、女が男から逃げるより、男がアホな女からいかに上手に逃げるかが問われる時代だ。(笑)ウッズ関係のニュースがどこまで何がほんとかは誰にもわからない。でも、私なんかは、ドがつくような超有名な勝負師と結婚した女の器の小ささだと見ている。クリントンのところを見てみよ。あれは完全にヒラリーの勝ちではないか。(笑)勝つか負けるかに必死になる勝負師も、戦場にでかけていくカメラマンも、映画「愛のコリーダ」で女に首をしめられて、「もっと締めてもいいよ」と喜んでいた男もみんなおんなじである。(笑)イラクへ行ったカメラマンの友達は、砲弾の下をくぐりぬけたときほど売春宿に行きたくなると言っていた。生と死と男の性は一貫しているのである。友達によると、それが男の種保存本能だとか。ウッズがいろんな女と寝て、それで勝負に勝って、お金をいっぱい稼いでくれたら、それほど妻としてうれしいことはないではないか。何をごちゃごちゃ言ってるんだろう、スエーデン人の女は。。結婚したときに、好きにやってちょ、でもあんたが稼いだお金は全部私のものよ、と契約を交わさなかったのだろうか。「浮気は男の甲斐性」と考えて我慢、男を自分の手のひらの上で遊ばせておく知恵をもっていた昔の日本の女はやっぱり賢い。「愛」とやらを叫ぶだけが能じゃないんだよ。。(笑)女友達は、だんなが浮気を重ねた上でとうとう家を出ていった友達のことを、最初はひどい男だと同情していたが、このごろはなんで旦那が出ていったか、男の気持ちがわかるようになった、と言っていた。部下として使っていると、うんざりしてきたそうな。(笑)そんな女もいるのである。女にそう言われるようになった女は終わりである。若い石川君が気をつけねばならない女はそういう女だろう。(笑)それにしても、ウッズさん、なんで14人もぞろぞろ出てきたかな。。。たぶん、最初の女に100万ドルも口止め料を払ったからだろうな。。それで、ほかの女も、私も。。。とおねだりしだしたのである。私だったら、当然おねだりするよな。。(笑)と考えると、やっぱりウッズさんも器が小さかったかな。。最初の女が発覚したときに、金など払わずに、受けて立てばよかったのである。やれるものならやってみろ、と。女相手に勝負する気にはならなかったの?? 女はいつも男と勝負してる気分だよ。(笑)思うのである、欧米の人間は「愛」といった言葉に縛られすぎている、と。それは、日本人にとっての「和」と同じである。「愛」だの「和」だのといった抽象的な美辞麗句は、ときどきかいま見て、自分の行動を考えなおすぐらいでいい、でも自らを縛る枠組みにしてしまってはならないのである。人間同士、摩擦があるのは当然である。浮気もあるだろう。でも、その現実を、「愛」やら「和」といった抽象的な規律を振りかざして、罰するようなことは絶対にしてはならないと私なんかは思う。愛も和も、しょせん最後の結果である。最初から目の前にぶらさがっていて、その維持のために人生のエネルギーを費やすものではない。自分が納得できる人生を求めて、必死で生きて、自分の回りで蠢くエネルギーの流れを全身でもって感じとり、軌道を修正しながら、自他と回りのバランスをとって生きる、そのプロセスから、最後に愛やら和がほんのりと浮かんでくれば、それは幸せなことである。ウッズさん、がんばれ〜〜〜(笑)それはそうと、男の連帯以上にびっくりしたのが、企業の広告に影響が出て、テレビ業界なりゴルフ業界が戦々恐々としているニュースだった。売れるということはやっぱり大変なことなんだあ。。自分の身体は、勝負のためー生と性とお金ーだけではなく、見えざる「神の手」にゆだねられてしまうのである。おお、こわこわ。。女より、男より、こっちのほうがよっぽど怖いなあ。。。ああ、売れないライターでよかった。売れないとは幸せなことである。(笑) 追伸:ずっと思っていたのだが、「女はわからん」と言う男にはよく会ったが、「男はわからん」という女はあまりいないような気がする。やっぱり「女には気をつけろ」かも(笑)でも、ニュースを見ている限りでは、男って、銀行口座から引き出す数万円のために、かわいそうに何の理由もなく、見知らぬ女子大生を殺したりする。。ああ、やっぱり「男には気をつけろ」だ!!!(怒) 女はそんなバカなことはしないよ、70歳のじっちゃんからでも、1000万円を引き出させてから殺す。。ああ、男にしてみれば、やっぱり「女には気をつけろ」だろうなあ。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.