〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年2月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2009/02/14(土) 銃乱射事件から1年
夕方6時、キャンパスで行われた慰霊式に行ってきた。あれから1年である。早いものだ。一年前、足元は雪山だった。今日は、もう雪はほとんど溶けている。集まった大勢の学生たちがろうそくに火をともした。学長の声に、後ろにいた女子学生が鼻をすすりはじめた。亡くなった5人の誰かを個人的に知っていたのだろう。この1年の家族の思いを想うと。。。涙が出てきた。時間がどれだけ経とうと、理不尽な死であることには変わりはない。背後にいた旗をかかげた退役軍人たちのグループの中の一人が、トランペットで追悼した。アーリントン墓地の衛兵?交代に立ち会っているかのようだった。式の終わり、突然誰かが声をあげた。一瞬、猿の鳴き声でもあるかのような甲高い声だった。やがてじょじょにそれに応じるワックという声が、水面に投げた石の水紋の輪のように広がっていき、声が集会の外縁に達したとき、みんなが一斉にろうそくを頭上高く掲げ、もう一度ワックと大声をあげた。あたりは、光の庭になった。私には、あの言葉の意味がさっぱりわからない。ただただ感じたのは、集まった若い人々の連帯感のみ。同じコミュニティに属しているという所属感と連帯感。またこれからの1年、この思いをみんなで共有しながら、またがんばろう、とみんなが心に刻んだのだ。ああ、生きていてよかったと思った。そう、理不尽にこの世から消されてしまった5人の若い人たちの無念さを思えば、今、生きている、これだけを有難く思い、この生を全うせねばならぬ。ここに住む我々にとって、バレンタインデーとは、プレゼントの授受で喜ぶ日ではまったくない。突然に訪れる生と死のはざまを見せつけられる日である。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.