〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年7月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2009/07/21(火) いよいよアメリカ人も。。(笑)
職場で、面白いちらしが回ってきた。「一日に1万歩歩こう!」というちらしである。ああ、なんと、車大好きアメリカ人も、いよいよ車の罪に気がついたのかも。。。GMがつぶれるはずである。(笑)東西両海岸の知的で、リベラルなアメリカ人ならともかくも、このだだっぴろい中西部でも、1万歩歩こう、である。歩けるはずがない。。。(笑)昔、サウスダコタに住んでいたとき、家の外にはぜんぜん出ない日が続いたので、自分でも不安になって、日本に帰ったときに万歩計を買ったことがある。1日か2日つけたことがあったが、なんと一日500歩ほどのこともあった。よく動いたな、と思ったときで、なんと2000歩ほどだった。1万歩は、車が絶対に必要な農村地帯では、ほぼ不可能だと思うけれど。。1万歩など、いったいどこを歩けというのか。とうもろこし畑??? 何をしに??? (笑)
それにしても、あの万歩計はどこへ行ったのか。まだ浴室の壁の戸棚にころがってるはず。。。もう15年ぐらいほったらかしにされて、まだ動くのだろうか。ちょっと試してみよう。。。サウスダコタで500歩、イリノイでは。。あんまり変わるとは思えない。。(悲) それにしても、アメリカに万歩計があるとはまだ聞いたことがない。あるのだろうか。環境とごみ問題といい、日本人の細やかな知恵が、おおざっぱなアメリカで受け入れられるようになったら、けっこう新しいビジネスチャンスになる???(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.