〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年11月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2010/11/14(日) ニュースよりー二の舞を踏むな!!
日本の首相と会った。彼に経済協力は解決できない論争より有益だと言った」。
と、ロシアのなんとか大統領がツィッターとやらに書き込んだ、とニュースに流れていた。いの一番に思ったことは「沖縄の二の舞を踏むな」である。(笑)沖縄返還は、どうやら、日本が国家の面子をかけて、本土復帰が悲願とばかりにやったらしい。ところがアメリカ側は、沖縄が日本のものだろうとアメリカのものだろうとどうてもいいや、絶対に動かせないものは、沖縄を自由に使用する権利、だった。沖縄という島の位置がほしいのである。それは、ペリーがやってきた時から変わらない。だから、日本が面子をかけてきたら、はいはい、返してやるよ、その代わり。。。で、核持込許可の密約もやって、基地も作って、となった。「トラストミー」を交渉相手に平気で言えるバカな政治家が、どんなに保身のために、選挙で嘘をつこうと、もう沖縄の状況が変わることは、ほぼ絶対にないだろう。アメリカは沖縄からは絶対に出ていかない。それと同じことを、北方領土でもやるな、である。ロシアにとっての国後島と、アメリカにとっての沖縄は戦略上同じ価値なのか、違いはあるのかさっぱりわからないが、はっきりしているのは「領土」にこだわる必要はない、ということだ。ロシアの大統領が、解決できない論争、としているのなら、そのまま相手の言うなりにしておいて、交渉カードとして使うだけだ。向こうの出方次第でいつでも、「経済協力がほしいのなら、国後でおかしなことをするな」と脅し続けるだけだ。(笑)でもそうやって脅せるのも、日本がお金をもっているあいだだけだ。。ほんとに大丈夫なんだろうか。(悲)
きのう、こちらのテレビで、「官僚たちの夏」を見た。戦後10年、日本が国内産業を守って、国産のコンピュータを作るか、それとも国際自由化をして、外資を入れるかをめぐっての、官僚たちの攻防戦のドラマで、好きで毎週見ているが、きのう見てびっくりしたのは、外資企業の副社長と交渉している、国産擁護派の官僚が、通産省辞職の辞表を、アメリカ人にちらつかせながら、頼みます、と頭を下げたことだ。これって、あんたがこちらの要求を呑んでくれなかったら、死ぬつもりだ、式の脅しである。で、ドラマの最後、アメリカ人が、あんたはすばらしいサムライだ、で、アメリカ側が譲歩したことがわかる。。見てて、アホか、と思った。敵に、自殺するぞ、と脅されたら、クリスチャンとしては、譲歩せざるを得ないではないか。はい、どうぞ死んでください、辞職してください、と突き放すのは、クリスチャンとしてはかなりはばかれるのではないか。で、譲歩することにした???と日本人は考えた?? キリスト教のpaternalismに甘えて、どうするねん。で、これは日本人が作ったドラマだから、そういう自分たちがpaternalismに甘えている姿を、すばらしいサムライ、とアメリカ人に言わせて、自己陶酔しているだけなのである。アホ。。そういう自己陶酔では、絶対に生き残れない。これが、アメリカのドラマだったら、絶対に辞表は出てこないだろう。辞表という形の”死”は個人的問題だから、そんな形の脅しは卑怯とされる。戦うのなら、堂々と戦え、となるだろう。paternalismに甘えるドラマを日本人自身が作って、自らを洗脳し、陶酔し、それを相手がサムライとして称賛すると勝手に思いこみ。。。ドラマとはいえども、この図式はかなり現実にも起きたのではないか。。。(怒悲)中ロがいよいよ日本に迫り、日本は、アメリカと同盟関係にあるーつまりアメリカが頼りになっていることをおおっぴらに発表することでしか、回りの大国を牽制できなくなっている現実は、アメリカのpaternalismに完全に依存することでしか、生きていけなくなっているということでもある。もう”サムライ”ですらなれなくなったね。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.