〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年3月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/24 新しい進展
2020/03/22 買い出し
2020/03/17 空襲警報?
2020/03/16 開戦前夜?
2020/03/15 いよいよ

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2010/03/10(水) 不幸中の幸い
きのう、目のチェックに行った。お医者が、あなたは明日、スターになりますよ、夜、くしゃみが出るかも、と笑った。(笑)どうやら、今晩、網膜専門医の集まりがあって、面白い事例を紹介しあうらしい。で、私がそのサンプルとして登場する。(笑)で、思わず、私の目の何がそんなに面白かったんですか、と聞いてしまった。すると、従来の機械では、私の目の状況は、手術が必要かどうかすぐに判断できず、たぶん、もう1ヶ月待ってみましょう、という診断になっていただろうという。ところが、私が病院に出かけた最初の日が、なんと新しい機械が搬入された日で、私が最初の患者となった。おかげで機械は、私の症状をはっきりと3次元で写しだし、穴を見つけることができたから、これは手術だと判断できた、と、機械の優秀性を示すサンプルになるというのである。先生、業者からお金もらったの???(笑)要するに、穴の上に、網膜がかさぶたのようになって穴におおいかぶさり、穴を隠すようになっていたらしい。さすが、頑固者の目だ。目の網膜まで、一筋縄ではいかないようにできている。(笑)で、従来の機械では、かさぶたを映し出すだけで、穴が見えず、診断がむずかしかった。手術前には、焦点付近のゆがみはかなり悪くなっていたから、あれから1ヶ月待て、は、かなりきつかっただろう。新しい機械のおかげで、すぐに手術の診断が出て、ほんとによかった。不幸中の幸いである。ガス玉のせいで、網膜はかなり腫れたいたが、きのうの時点は、少し腫れがひいていたらしい。それもコンピュータで見せてもらったが、3週間前の写真と、腫れの差はさっぱりわからず。。(笑)でも、視力の回復はまだまだである。(悲)知らない道を車が運転できるぐらい、戻ればいいけどな。戻らなかったら。。。それもまた運命で、受け入れて、元気よく生きるしかないや。ゆがみがかなりなくなっただけでも感謝である。それにしても、お医者は、きのうは帰りしなだけでも、3回も手を出して、握手した。発表に足る頑固者の事例にめぐりあえて、うれしかったのかも???頑固者でも、人の役に立つことができる???(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.