〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年3月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2010/03/15(月) 日米関係
暇だから、目のことは気になりながらも、最近けっこう図書館に出かけていく。で、アメリカという国が収集している情報量にほんとにびっくりする。シカゴにあった小さな団体の大昔の会議録のメモから、1890年にアメリカにいた日本人が英語がわかったかどうかまで。。ここまで調べて、残しておかねばならないものか、と思うが、この国と人間が自分が勝つための戦略を考える国だと思うと、納得がいく。その一方、このあいだニュースで、日米間の核持込密約の書類は、アメリカではすぐに見つかったが、日本では100人体制であっちこっちを探し回っても見つからなかった、と流れていた。見かけだけを気にし、本質の追求をしない日本人らしいと思った。こんな紙切れ、誰の目にも触れなかったら、それですむんだよ、という事なかれ主義である。結局、非核三原則を主張、世界でたった一つの被爆国を謳ってきたわりには、国のトップから腐っていたことがあらわになったわけだ。情けない。その上、核拡散反対という、日本人がこれまでいやというほど主張しただろう理由で、オバマさんにノーベル平和賞をさらわれるという始末で、空回りにもほどがある。日本の存在感のなさにはうんざりである。(怒)そのくせ、きのう、日米同盟50年討論というテレビ番組があって、視聴者やら専門家が出て、いろいろ大声で話していた。アメリカはテロ国家なんですよ、とわめく視聴者の参加者に、専門家はうんざりした顔を見せていたが、結局、アメリカから見ていると、日本人はアメリカがさっぱりわかっていないな、という印象しか持てなかった。どんなに日本人がわめいても、答えは一つ。日本は敗戦国なのである。この歴史的事実が揺らぐことはない。それも小さな領土の国である。力はまったくない。攻撃されたら、終わりである。アメリカは、パターナリスティックな国だ。自分の言うことを聞く人間と国には、助けを惜しまない。でも、少しでも反抗のしぐさを見せれば。。集めたあらゆる情報を使って、口を封じる戦略を練るだろう。敗戦国で、憲法9条があって、世界唯一の被爆国だから非核三原則を建前としては謳わねばならない、で、核を持つぞと世界に脅しをきかせられない状況であることをまっすぐに受け止めて、逆に、パターナリスティックなアメリカを思う存分利用する戦略を練ってみろ。面従背反?(まちがってるのはわかるけれど、正しい言葉がわからず。。悲笑)で、アルカイーダと勝手につながる???(笑)面従背反?でいいのである。アメリカは、そのくらいのことは折込ずみで計算して、他国に覇権を伸ばす。一方、日本人は、すぐに美辞麗句を振りかざし、おセンチに考えたがる。マスコミが大好きな、戦前の「青い目の人形」と答礼人形騒ぎもそう。アメリカ人の意図をわざわざ自分たちに都合のいいように曲解して、あまあく日米関係を考えることで、一人、悦に入っている。まあ、人形なら、日米の誤解の塊でも実害はないだろうが、日米同盟とやらはなあ。。いつか思いっきり書いてみたいものだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.