〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年2月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/24 新しい進展
2020/03/22 買い出し
2020/03/17 空襲警報?
2020/03/16 開戦前夜?
2020/03/15 いよいよ

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2011/02/23(水) 不条理
今週に入ってから、また天気が悪い。ずっと雪曇りである。といって、結果的にそれほど雪が降るわけではない。でも、これは雪が降る空だな、と朝から思うから、出ていかない。このパターンで、もう数回、シカゴでのアポをキャンセルしてきた。で、結果的に雪が降らないから、こんちくしょう、となる。こういう苛立つ天気がいつまで続くのだろうか。で、さっき、そんな一日だったおとといの新聞を見た。近所の交差点で起きた交通事故がトップニュースである。20歳の若者が二人死んでいる。一人は運転していて、事故現場で即死、助手席にいた人は病院に運ばれて、死亡が確認されている。で、その車にぶつかったトラックに乗ってた人間は無傷である。新聞記事は、事故の原因がまだ特定できておらず、道路の状況もそれほど悪くはなかったとしている。おとといは、気温の加減で、降るのが雨になるか雪になるかはいいがたいが、道路に氷ができる可能性はある、という非常に微妙な状況だった。それで、私のシカゴ行きも危ないからやめとけ、となった。で、こういう記事を読むとすぐに思う。現場で即死となった人の車が正しいことをしていたのである。たぶん、トラックがエゴを出して、信号をつっぱしろうとして、車にぶつかってきたのである。車の事故の現実は、正しいことをしていた人間が殺され、悪いことをした人間が無傷に終わる可能性が大ということである。自分のエゴでつっぱしろうとして、ぶつかる瞬間、ぶつかることを知っていたからこそ、動物的本能で自己防衛が働いて、無傷で終わるのである。ああ、こんな不条理なことがあるだろうか。なぜまじめにやってて、殺されて、でも死人に口なしで、自分の正当性を主張できない。エゴを出して、殺人を犯した人間は、何とでも言い訳ができる。このトラックの運転手ももちろん、道に氷がはってたとかなんとか言って、自分の無実を主張するに違いない。交差点でまともな運転をしていたら、停止していた車が動きだすのだから、相手が現場で即死するようなスピードが出るはずがない。なぜ人生これからという若者が、こんな形で死に、かつこんな不当な仕打ちにさらされねばならないのか。不条理である。こういう人間の生の不条理を考えると、大昔に読んだ、カミュの「異邦人」がどうしてもよみがえる。なぜ、人を殺したのか、と聞かれて、太陽がまぶしかったから、ただそれだけ、と答える人間。気が狂っているように見えるかも知れぬが、それが人間の生の現実なのである。私は高校のときにそれを知った。私が、人間嫌いというか、人に対して耐性がないのも、この人間の不条理にガマンできないからだと思う。やってらんない。自分ひとり、まともになんとか生きてるだけでせいいっぱいである。(悲)ピックアップトラックを運転したおっさんかあんちゃんか、はたまたおばはんかねえちゃんか、どんな風にいいわけするのか知らないけれど、自分に嘘ついたら、あんたの人生、一生呪われるだろうなあ。。エネルギーは完全に逆回りして、あんたの人生は終わる。。自分に嘘ついて、人に無責任にもきれい事を言って、いい人ぶって、自分は世渡り上手で賢いと考え、喜び、自分に満足する人間は、この世の中には、うじゃうじゃいるようだけれど、私は、人間の不条理を見つめ抜いて、自分ひとり、携帯電話も持たない”洞窟”で、でなんとか生き抜いてやる。この覚悟に対峙できる不条理の訪れを待ってやる。。(笑)何度もキャンセルしたシカゴのアポなんか、どおってことないよなあ。。死んだ若者のことを考えると。。20年の時間が、とってもいいものでありましたように。。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.