〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2011/06/23(木) あるちっちゃな死
日本から帰ってきて、1週間近くたって、やっと時差ボケが直ってきたかな、と思われたころに、また日本に出かけて行った。で、昨晩遅く帰ってきた。最初のニュースー長年飼っていた金魚がとうとう死んだというもの。娘が店からもらってきたときは、普通の小さいものだったのに、それから10年近く経つのだろうか、立派にミニ鯉みたいな感じになっていた。死にそうになかった。魚はきれいな水には住まず、と考え、緑のこけ?がガラスにはりついているのもいいことだろうと考えていたし、水を変えるのも、私のばたばたでままならなかった。今回、出かける前に一度変えてやればよかったのだろう。それをしなかったから、さすがのオハイオちゃんも、とうとう腐った水に耐え切れなかったのか。毎朝、えさを求めて、ぱちゃぱちゃと音をたてながら、水面にあがってくるのをかわいいと思っていたのに。。とうとう死んでしまった。一瞬の手違い、考え違いで、事故は起こる。母親のことを考えても、あの一瞬に私が違う行動をしていたら、と思うことしきりだ。でも、その一瞬は、誰にもコントロールできるものではない。となると、すべての事象はやはり運命としか考えるしかないのではないのか。死ぬことなど想像もしなかった金魚が、まるで一瞬の隙をついて消えてしまった。ちっちゃなものだが、やはりあったものがいなくなるのは寂しい。といって、永久にもてるものはない。少しずつ、少しずつ納得しながら、片付けていくしかないではないか。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.