〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年3月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2012/03/31(土) 孤独死
めったに日本のテレビも見なくなってしまったが、ニュースだけは、で、1日に一度ちょこっと見るときがある。で、きのうは、有料老人ホームでの孤独死のニュースが流れていた。もちろん、母親のことを一番に思った。で、介護居室でよかったな、と。(笑)毎日、アメリカからファクスと電話はかかってくるわ、で、ほおっておこうにもおけないではないか。(笑)ニュースによると、亡くなった87歳の老女は、一人で自炊し、毎日の健康チェックも拒否してたとか。。おお、老人ホームに入っても、やっぱりこういう人がいるんだ、とほっとした。(笑悲)そのくらい人間というものは、いくつになっても自立していたいものなのだ。それが、人間の尊厳ということだろう。誰が老人ホームなんかに入りたいものか、という友だちの声が聞こえてきた。母親も、元気なときは、いろいろ自分でホームを見て回っていたようだが、やっぱり最後の最後まで自立の道を選んだせいで、今がある。母親の性格を考えると、たとえ元気なうちに老人ホームに入る決断を自分でしたとしても、この亡くなった老女のようになる可能性はあっただろう。そう考えると。。。再び友だちの声ーお母さんは、パーフェクトのタイミングで老人ホームに入ったんですよ。。そうかも知れぬ。。。納得である。(悲)いろいろ教えてもらえるすべての事象や人のエネルギーに感謝。。。やっぱりたまにはテレビを見るのもいいなあ。。。(笑)それはそうと、遺体を1週間放置していたというこの老人ホームの先行きは。。ああ、虐待を録画された、母の近くの老人ホームはその後どうなったんだろう。。メディアがそこまで流してくれたら、もっと一生懸命テレビを見るのになあ。。。(笑) 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.