〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年3月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2012/03/07(水) センチメンタリズム
長崎の郵便局に、匿名で、震災復興に使ってくれ、と1000万円がおいてあったとニュースで流れていた。読んで、気分が悪くなった。匿名さんに申し上げたいーなんで、自分のすることの結果を見届けようとしないのか、と。きっちり結果を出してもらえるのかどうか、出してもらえるようにもっていくるが自分の責任なんだよ、と。ほんとに震災復興に使ってほしかったら、東北まで行けばいいではないか。1000万もあれば、東北までの交通費と滞在費が出るだろう。それから、どんな人にどんな風に使ってほしいかを絞り込んで、その団体にもっていけばいいではないか。自分の名前を出したくなかったら、当事者にそう伝えればいいだけのことである。それが、長崎の郵便局なんかにおくだけで自己満足してるなんて、これまた中身からっぽのセンチメンタリズムにすぎぬ。そういえば、シカゴにも、わざわざニューヨークから駐米大使がやってきて、絆とやらのテーマで話をするらしい。何が絆だ。。。そういう言葉を投げて、同情を煽って、金集めして、で、その金がどこにどう使われたのか、報告しようとはしない。確か世界中から集めた3000億円だか3兆円だかの義捐金はどうなったの。私のわずかなお金も含まれてるんだぞ。。(笑)どうやって平等にわけたらいいかわからぬから、まだ地方自治体が握っていると、大分前のニュースで流れていた。その後、分配されたとは聞いてないから、まだ握ってるんじゃないの。自分で考えて、さっさと動き、変化なり結果を出せない人間たち。絆といったセンチメンタルなきれいごとを並べて、悦に入ってるだけの人間たち。くだらん。このごろニュースに出てくる仮設住宅の被災者たちも、えらく上手にカメラ言葉を使いはじめた。元気が出ます、ありがたいことです、とかなんとか。。体裁よく、きれいごとを並べているだけだ。口先だけなのがよくわかる。嘘つけ。。。カメラに向かってほんとに言いたいことは、もうほっといてくれ、ではないのか。そういえば、母が入ってる老人ホームで出会った老人は、神戸の震災で家が全壊したので、ホームに入ったと言っていた。60代からはいって、今はもう80歳近い。東北の高齢者のために、どお〜〜〜んと老人ホームを建てて、仮設住宅から被災者を解放することはできないのか。どうせちまちまと、姑息なことを計算してるから動けないのだろう。別に渡辺謙が、なんとかという国際会議にまでしかめつらして出かけていって、絆がどうのこうのともっともらしく言わなくとも、キリスト教徒たちは絆をいやというほど知っているだろうし、世界中から自然に集まった金ではないか。思い切って、ど〜〜〜んとまず第一歩を踏み出せばいいのに。。。そのエネルギーがまったく感じられない。。長崎に1000万円か。ああ、もったいない。郵便局員が自分のポケットに入れても、誰もチェックできないんじゃないの。そのうち、1000万円はもやもやとどこかに消えてしまうだろう。かわいそうな匿名さん。。(悲笑悲怒)センチメンタリズムでは、何も変わらない。(怒)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.