〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年2月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2013/02/22(金) ホスピス食
一日、何度ケロのために、ホスピス食を作らねばならないか。朝起きると、しんどいだろうに、やっぱり空腹なのだろう、私のあとをつけてくる。それで、ツナ缶のツナをほぐし、水をまぜて食べやすくしてやる。毎日、1日に20回ぐらいー一度に食べる量が少なくなってきて、様子を見ながら、何度も作らねばならないー作っていると、どれだけの量のツナに、どれだけの量の水をまぜた味がお気に入りなのかもわかってきた。ツナは食べないが、お好みの水の味というのがあるのだろう。落ち着いてベッドに行くまで、ちょぼちょぼ水を足したり、ツナを足したりして、食べられるだけお好みの味を食べさせてやりたい、と思いながら、がんばってる。。そう、猫のためにがんばっているのである。母も、そうだったな、と思い出しながら(悲)結局、猫も母も同じである。動物はみんな同じなのである。老いには勝てない。治る見込みはない、と納得したうえで、人生の、そして猫生の最後を見届けようとがんばってるのである。今、ケロがたぶん今月もつかもたないか、みたいな感じなのは、私が去年の10月、右手首を骨折したのは、神様がお母さんのそばにいてやりなさい、と私からコンピュータをとりあげたのと同様、母親の死を受け入れられるようにという神様のメッセージのような気がするのである。私の記憶と後悔は、いつも、母が病気になってからの最後の一人暮らしの7ケ月の時間に戻るのだが、あのときすでに母は、自分の寿命が来たことを知っていた。知りながら、自分の能力で生き切ろうとしていた。誰しもが言ってくれるように、私が母の最後の2年弱の時間に関われたことは、私にとってすごく幸せなことだったのかも知れぬ。ましてや母は、きっと幸せに感じていてくれたかも知れぬ。ケロに、一日に何度も何度もホスピス食を作ってやりながら、そんな母の気持を信じてもいいのではないか、と自分を許す気持が生まれてきたような気がする。同僚に、残念だったね、と言われるたびに、nothing can stop itと言って、私はかすかに笑う。ケロは、毎日確実に痩せていっている。それでも、かすかににゃおと鳴きながら、ツナ水をねだる。誰にも止められない。ただただ誠実にケロに残された時間と向き合うのみ。私は、母にどれだけ誠実だっただろうか。まだ見えてこない。。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.