〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年2月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2013/02/27(水) 売れないライターとは(笑)
資料読みをしていて、面白い文章を見つけた。「たとえ正論でも、群れから離れて論陣を張れば干される。大きく間違っても、群れの中で論をのべていれば、つねに主流を歩める。そして群れのなかにいさえすれば、いくら間違った発言をしても、あとで検証されることはない。これが日本の言論界です」−元外交官の孫崎亨「戦後史の正体」340ページである。これだけの知識人でもいろいろ干されるならば、アメリカに住んでる売れないライターなんて話にならないなあ。。(笑)群れの中にいさえすれば、の日本だから、沈没しかけているのである。どんなに”絆”だの”思い”だの、ものづくりがどうのこうの、とバカの一つ覚えみたいに繰り返しても、繰り返しているのがメディアだから話にならない。で、そのメディアを見聞きする人間が、これまた同じ言葉を繰り返してるから、お先まっくらである。メディアと同じことを言っておけば間違いはない、というわけでだろう。すべてが保身だけで動く国と国民ーまあ、沈んで当然か。(笑)もう一つ、絶対に私が売れないわけ。。。10年以上かけて英語本の出版をめざしているが、その英語の原稿を見て、配偶者が「あらっぽい」と言った。(悲)学会用に書いた原稿を見て、友達の学者が、荒っぽい、読者に不親切、と書いてくれてたメモを見つけた。ある文学賞の佳作に選ばれたときは、編集者に、あんたは文章がほんとにへた、といわれた。そして何よりも。。私だって、記者にインタビューされたことがあるのである。(笑)最初に旅行記賞の佳作かに入選したときである。部屋を掃除していたら、古いインタビュー記事が出てきた。(アサヒファミリー1985年2月22日付)記者が書いてくれたのは。。「作品への評価は、テーマはなかなか面白いが文章がややずさん。(深田)若い女性らしい発見があった。しかし表現が粗い(田原)」深田とは深田裕介、田原とは田原総一郎である。おお、そうそうたる面々が読んでくれたんだあ。。で、ずさん、粗っぽい。。(悲笑)でも、記者は続けた。「でも文章を書けば考えがまとまるから、これからもいろいろ書き続けるつもり」と目を輝かせる。。だって。。輝いていたかも知れぬ。。今から28年前だからなあ。。夢があったかも。。あれから今も佳作のみ。。(笑)これが私の能力の限界と悟って、さあ、どうしようかなあ。。自分の能力以上のことができるはずはなく、でも能力を磨く、ということはしなければならないのかも。。。粗っぽい性格をどうするか。。大変大変。。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.