〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年2月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/06/28 いろいろあります。。笑
2020/06/21 階段を下る
2020/06/17 自然対教育
2020/06/16 コーヒー1杯
2020/06/13 昼カラと人間の本質とは

直接移動: 20206 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2013/02/05(火) 雪世界
また雪かきをする世界に戻ってきた。きのう、おとといと雪かきをした。雪と遊ぶと、いつも、昔キムタク君のドラマに夢中になってたころを思い出す。ドラマの中で、キムタク君が女主人公に、あんたは、みんなにふみつけにされたまっくろな雪だ、誰も踏んでいない雪は美しい、みたいな台詞があった。そう、誰も踏んでいないまっさらの雪を、しゃきしゃきと踏みしめながら歩くのは、ほんとに心が洗われる思いだ。明日は、いよいよ手術の日。病院との契約書?を読むと、手術して結果が悪くなることもある、死ぬこともある、失明どころか目がなくなることもある、まで書いてある。それでも手術したいか、と自問してしまう。ほんとはしたくもない。医者なんて信用できないし。。。と考えていたら、また母を思い出した。医者が嫌いで、最後の最後まで行かなかった母の人生を、つ〜〜んと冷え切ったまっしろの雪世界の真ん中で想う。あれでよかったのだろうか、とまだ悩むが、どんなに悩んでも、もう一度母に会い、声が聞けるわけではない。雪はそのうち消えるだろう。いつか消えてしまうものといっしょに流していかねば。。私の時間も、である。いつか消えるものだ。明日、手術が成功しようと失敗しようと。。。やっぱり諦念だろうか、母の一人暮らしの最後を支えていたのは。。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.