〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年4月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2013/04/24(水) 今年は
春がこない。。。少なくとも、私の心の中では。。まだまだ気温は低く、きのうだったかは雪まじりの雨が降っていた。今日は晴れたので、庭に出てみたが。。。やっと木々にちいさなちいさな新緑のぽつぽつが見えてきたかなあ。。。という感じ。でも、私の心は躍らない。むしろ、がっくりしていたら、とある新聞紙上でこんな表現を読んだ。「生命史全体の中で、個体形成や個体がつくる社会形成はほんの一部分にすぎないという。今も、生成子のままに地球上を漂う生命が圧倒的だ。時に寄生し、時に変異し、生命をつなぐ」私がこれまで庭に没頭できたのも、庭に漂う命の息吹きに、遠く離れた母親への愛憎入り混じった複雑な思いを託し、つながっていた命を感じていたからかも知れぬ。シナもケロも、そして母親もいなくなって、庭の新緑に何も感じられない自分がいる。心はまだまだ凍冬のままだ。氷がとけるときがくるのだろうか。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.