〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年4月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/06/28 いろいろあります。。笑
2020/06/21 階段を下る
2020/06/17 自然対教育
2020/06/16 コーヒー1杯
2020/06/13 昼カラと人間の本質とは

直接移動: 20206 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2013/04/09(火) めぐる季節(悲)
やっと庭に出られるようになった。まだまだ朝夕の外気は冷たいけれど、それでもじっと外で、庭仕事ができるようになった。つもりつもった枯葉をとりのぞき、新しい球根を植え、新しい芽を探す。。。もしかしたら、2年ぶりぐらいの作業かも知れぬ。でも、昔のように気持が入らない。季節が再びめぐってきたという命についていけないのである。(悲)もう二度と季節がめぐってこないというあの最後の瞬間を見届けてしまっているからだろう。母が、最後に目をつぶったあの瞬間である。あのとき、もう2度とあけることはない、とは思わなかった。まだまだ楽観視していたような気がする。でもあれが最後の最後だった。(悲)人は、時間が解決してくれる、と言う。それはようく承知だ。でも、今はまだ、庭にはあんまり出たいとは思わない。元気な、黄緑色のハッパなんて見たくもない、という気がする。できることなら、遠い遠い、もう季節が二度とめぐってこないところにでも行ってみたいと思う。。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.