〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年5月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2013/05/23(木) 仏壇とともに
昨夜、2週間の日本旅行から帰ってきた。デパートをうろうろすることもできず、本屋に立ち寄ることもできないという忙しい2週間だった。せめてあと3日から5日ほど長く滞在したかった。アメリカに帰りたくなるような気分になってから、戻ってきたかった。それもままならず、小さな仏壇とともに帰ってきた。昨夜、今朝とお線香を1本ずつ燃やし、手を合わせた。これからも、そうやって一日をはじめようと考えているが、いつまで続くことやら。(笑悲)手を合わせていると、母親と父親の声が聞こえてくる。。死んでから何をしてもらっても、わからんからなあ。。。二人がよくそう言っていたのを思い出すのである。おかげで、今も責められているような気がする。。親に責められて、責められて生きた人生だったな、と今もって思う。それでも、二人が生きているあいだに、もっと素直な関係を築いておきたかったものだと、ほんとにほんとに後悔しているが、それができなかったことが、私の親が生きていた、ということだったかも、と納得もしている。確かに、今から私がどんなに仏壇に手を合わせても、私と親との関係が変わるわけでなし、二人が戻ってきて、話ができるわけでなし、私はこのままずっと過去に縛られて生きることになるのだろうか。配偶者と娘は、いったい今の私にとって何なのだろうか。ほんとの親離れは、これからということだろうか。たとえ一人であったとしても親がいるのといないのとでは、これほどまで心境が変化するとは。。。じっと自分を見つめて、自分の中の変化を捉えて、今を乗り越えていかねばならぬ。仏壇に手をあわせて祈るのは、私の残りの人生をどう生きるか、その答えを見出すことを見守ってほしいと。。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.