〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年8月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/08 感動!!(笑)
2019/12/05 ごみ戦争?(笑)
2019/12/04 進化するということ
2019/11/30 キリンになる
2019/11/28 サンクスギビング

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2013/08/13(火) 自転車通勤
いよいよ自転車通勤だ!!!(笑)車で10分ほどのところ、2、30分かかった。でも、職場はYMCAより近いことがわかった。(笑)相変わらず、とろとろ走っているが、キャンパスは走りやすいことがわかった。考えてみるに、1970年代か80年代だったか、障害者法ができて、歩道にはすべてランプがもうけられることになった。車椅子で移動しやすくするためだ。その法律の話を聞いたときは、ふ〜〜ん、と思っただけだったが、こうやって、自分が自転車通勤をするようになると、そのランプが何とありがたいことか。やっぱり最初はコストがかかっても、普遍的な価値をもつものは、”100年の計”並みの力があると実感した。その場しのぎの皮相的な、たとえば”韓流”といった”はやり”を生み出しての金儲けなんか、やっぱり底が浅すぎて、力なしだ。今、America's Geisha Ally という本を読んでいるが、つねづね思っていることが見事に表現されていて、読み終えるまでやめられない。著者が、しぶさわなおこという日本人?だから、アメリカを見る眼が私とまったく同じで、ここまで書けるなんてやっぱり学者は違う、と、珍しく研究者に尊敬の念を覚えてしまった。(笑)アメリカはすべてを見通して、”子供っぽい、女のような、男らしさのないガキ”のような日本(人)と付き合ってきた。イスラムがどうのこうの、ナチがどうのこうの、風俗店を利用して、と21世紀でも平気で言える人たちが、どんなに理屈をこねて、たとえばTPPに参加したとしても、アメリカには絶対に勝てない。(悲)このあいだ日本のテレビで、沖縄の軍用地収容の歴史をやってたが、あのやりかたー地主同士を争わせたり、永久使用を念頭に地代一括払いを提案するといったやり方は、インディアンがたどった道とまったくおんなじである。アメリカは、いったん手に入れたもの、とりわけ土地は絶対に手離さない。沖縄の人は、アメリカインディアンと手を組んで、アメリカに対峙するべきだ。といった思いは、障害者法に普遍性があったおかげで、自転車通勤がしやすくなってのるんるん気分の連想としては、考えすぎ???(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.