〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年9月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2013/09/25(水) 老子の言葉
つい最近、出会った言葉を書いておこう。書くことで、私のだんだん薄っぺらになっていく脳細胞に刻み込まれるように。。「知る者は言わず、言う者は知らず」である。「知る者は言わず」−美しいなあ、と思う。その美学を忘れないようにして、明日、また飛行機に乗る。すべてうまくいきますように。このごろ、日本のドラマで親子関係を扱っているのをよく見た。東京に出た息子に、いっしょに住もうと声をかけられて、東京に出てきて同居しようとした父親、「親とは、寂しいからと言って、子供に甘えたらだめなんだ、親はいつまでも親でなければ。。海にならなければ」という言葉を残して、田舎の一人暮らしに戻った。きのうだか見たコメディータッチのドラマでも、「私はあなたの息子ではない」「親子ではない」みたいなせりふが流れていた。聞いて、涙が出てきた。母に「(一人暮らしさせて、ほったらかしにした)私のことを怒ってないか」と尋ねたとき、「怒ってない。親子やから」と言われたことを思いだしたのである。「親子やから」−震災以降、いやというほど聞くようになった、絆といった、もう手垢にまみれきった薄っぺらな言葉では表現できないものが「親子やから」である。どんなにけんかしても、どんなに子供が反発しても、「親子やから」−「知る者は言わず」の親心以外の何ものでもない。「知る者は言わず」−美しく生きたいと思う。「言わない」ほんとに強い人間だけが、美しくなれる。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.