〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年12月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2014/12/12(金) デカブにて
先週末、娘の様子を見に、オレゴンまで出かけていっていたあいだに、デカブで面白いことが起こっていた。黒人たちがデモをしたらしいのだ。どうやらファーガソンやらニューヨークで起きた、パブロフの犬になるよう警官を訓練している司法制度に対する抗議に端を発したもののようだが、新聞紙面を読むと、デカブの人種差別は、やはり黒人にとっても厳しいものがあるようで、発言が引用された黒人学生は、早く大学を終えて、この町を出なければならない、と言っていた。そうでしょ、そうでしょ。。私が街にいたら、デモに参加したよな。。たぶん、100人の黒人のあいだにまじったアジア系一人に。(笑)抗議は金曜から日曜まで3日間続いたそうな。ちょうど私がオレゴンに行ってたときだ。(悲)で、デモしていたら、やっぱりデカブの人間は、車の中から、差別的発言を繰り返したり、中には歩いている学生たちに、ぶつかってきた車もいたようだ。その中の一人は逮捕された。なんと、妊娠している女の子にぶつけたらしい。女の子はいったん病院に運ばれたが、無事に出てきているから、たぶん軽くあてた程度だったのだろうが、それでも怖い、怖い。。新聞紙面には、デカブの人は、自分たちがどんなに人種差別をしているか気づいていない人間が多い、という発言が載っていたが、そうだそうだ。。私の経験では、郵便局、大学の職場、ターゲット、がらくたや、スーパー。。。今のところわずか5ケ所だ!!!(笑)今度デモがあったら、私も絶対参加する。で、これまでの経験をしゃべってやる!!!(笑)もう一件、道のゴミ拾いをしていると、面白いことを言われた。初めてのことである。向こうから、白人の、たぶん貧困層っぽい初老の男性が二人私のほうに向かってきた。で、私のところで立ち止まって、聞いたのが、クオーターを拾ったのか、である。おお、私が砂浜の金属探知機みたいに、落ちた小銭を探していると思ったのである。私が、びっくりして何も言えず、相手を凝視していると、向こうも気がついたのか、ええ、くりーなっぷしているの、と聞いてきた。私が黙ってうなづくと、向こうもびっくりして、数秒の沈黙が。。で、両者、そのまま反対方向に立ちさったわけだけど、で、ふと思った。ホームレスの人って、「食べ物が必要です、家がありません」と書いた紙をもって、ぼおっと交通量の多い道に立ってるんじゃなくて、そういう紙とお金を入れてもらう袋を背中に張りつけて、道のゴミ拾いをすればいいのである。ゴミを入れるプラスチックの袋は、道にいやというほど落ちているから、その袋に、ゴミを拾いながら歩いていたら、私でも、背中の袋に小銭を入れてあげようという気になると思う。(笑)何もしないで、ただ座っているだけで、金を恵んでくれ、では、こっちがよっぽど機嫌がいいときじゃないと、お金を出す気にはならず。(笑)でもホームレスになっても、何か社会のためにいいことをしておきたい、という気持ちのオーラがでていたら、人を動かすことができるのでは。。よし、いつか、新聞に書いてやれ。。たまには、抗議ばっかりじゃなくて、建設的なことも書きたいものね。(笑)と考えていたら、日本からのニュースであきれかえったことを思い出した。80を過ぎたじいさんが、もうかりまっせ、に騙されて、2億円を詐欺されたという話。じいさんよ、80過ぎても、まだ金儲けしたいの、が私の第一印象だった。詐欺にあってかわいそう、というより、醜いな、である。(笑)2億円はたぶん遊んでいる金だったのだろう。だから、もうけ話に差し出す気になったのだろう。10億もっていたら、2億円は少額かもしれないけれど、一番大事なことが欠けていると思った。80過ぎてから、まともな生活なら、2億円は使いきれるものではなかろう。では、その2億円を、社会のために還元しよう、という発想と、発想を促す社会の仕組みである。犯罪者集団に流れた2億円をじょうずに運用したら、介護施設で働く人を一人増やせるかもしれぬ。そういう発想をする人間を、なんらかの税制上の優遇を与えたりすればいいのでは。。。みたいなことを考えながら、今日も、ホームレスに間違えられても、デカブのごみ拾い。(笑)。自分にできることで、この世界に恩返しをしておきたい、その一念である。立つ鳥、跡を濁さず。。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.