〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年12月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2014/12/15(月) デカブにて(2)
このところ、地元の図書館へ行くことが多くなった。年中無休だから、ついつい足を運んでしまう。そこでいつも出会う人がいる。何時に行ってもいる。貧困層っぽい白人男性で、すどく?をしているのである。いつもしている。一生懸命している。で、思った。ああ、この人、一人暮らしだな、人の気配が欲しくて、こうやって朝から晩まで、毎日図書館へきて、時間つぶしをしてるんだな、と。図書館は暖かいし、人の出入りはあるし、で、寂しくないもんね、と思っていたら、この2日間ほど見かけなくなってしまった。大丈夫だろうか、と心配している。いつもいつも見ていた人がいなくなると、寂しいものである。もう一人は、図書館で働いている人である。毛糸の帽子をいつもかぶり、その下には髪はないから、ああ、がんサバイバーだな、と思った。この人も毎日出てきて、仕事をしていた。ところがこのところ見かけない。大丈夫だろうか。ものすごい咳をしていたのである。聞くほうがつらくなるような咳で、どう聞いても、風邪の咳ではなく、深刻な病の咳である。大丈夫かなあ。早く出てきて、また元気に仕事をしてください!!! 私のほうも日々老いを感じる毎日である。2年ほど前に悪くした左足は、いまだに痛む。素人頭で、いよいよ股関節に来ているらしい、というのがわかる。ちかぢか歩けなくなるのだろうか。(悲)プールに泳ぎに行けば、いよいよ1000メートルは泳げなくなってきた。泳いで、体が温まるのではなく、ある一点を超えると、体が冷え切って、指の先がかじかんでくるのである。ああ、こりゃ、だめだ。新陳代謝が完全に落ちて、運動して体が暖かくなるエネルギーより、水の中で体が冷え切っていくスピードとそのエネルギーのほうが上手ということだろう。あわててプールを出た。トイレに行けば、尿がまるで熱湯のように感じられた。あああああ、年には勝てぬ。二度と若くにはなれぬ。(悲)今日は、日本時間で、母の命日である。息をひきとる瞬間を、顔と耳の皮膚で感じたあの瞬間から2年。今日、生きてるのは奇跡である。きのう見たバカ?弁護士ドラマ、リーガルハイの中の言葉である。(笑)その通り。。今日の奇跡に感謝である。明日は、もうわからん。。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.