〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年6月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/06/25 ドアホの正体
2019/06/23 雑感
2019/06/16 雑感
2019/06/13 すごい2
2019/06/12 すごい1

直接移動: 20196 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2014/06/10(火) いったい
きのうはどんな顔をしていたのだろう。行きつけのベトナム料理店に入って、本が読めるようにと窓際の席をとり、好物の春巻きを食べて、勘定しようと20ドルを出した途端、ガラス窓をどんどんたたく音がした。見ると、大きな黒人が金をくれ、と言っている。げっ、20ドルを出すところを見られたのだ。で、無視していたら、何と店の中に入ってきて、私の横に立って、大きな手を出すではないか。10セントでも5セントでもいい、と私がつり銭をうけとっているのを見て、ごちゃごちゃしつこく言うのだ。その場を離れない。今日は、自分の誕生日だ、とか子供が腹をすかしているとか何とか。聞いていて腹が立ってきて、そんなこと知るかあ、出ていけ、と日本語で毒づいた。動かない。店主が来て、出ていけみたいなことを言うと、なんとか店の外に出たが、今度はドアのところに張り付いている。ああ、いやだ。だんだん怖くなってきた。店主も今は出ていったらだめだ、という。仕方ないから、店主といっしょに、店の一番奥のテーブルに座っていたが、私も次に行くところがあった。どうしよう、警察に電話するしかないな、と思って911へ。電話して、変な男に金をせびられて、店を出られない、と言うと、なんであんたなのか、と聞いてくる。知るかあ、そんなこと。向こうが住所を言え、と言った。住所を言ってもいいか、と店主に聞くと、あ、男がいなくなったと言い出した。こちらが電話しているのを見て、向こうも観念したらしい。でも、隣のビルの物陰で隠れているかも知れない、と私。警察は、住所を言え、とやいのやいの。。結局、店主がいっしょに店を出てくれて、ちょうど道を隔てたところにおいてあった私の車に無事に到着。あああああ。店の中まで入ってきて、金をせびるような薄汚いのはアメリカ生活で初めてだった。で、次に会いに行ったのがシカゴ生活65年という80歳を超えた日本女性。日本語はもう出てこず、英語ばっかり。それだけ苦労して働いてきたということである。どうやらシカゴの金持ち層相手に、服飾の仕事をしていたらしい。シカゴの英語雑誌にも取り上げられたのは事実で、働きづめでシングルマザーを通したというのは信じられた。でも、どこか虚言癖の傾向を感じたので、そうそうに引き上げた。で、今朝、である。さっそく彼女から電話があって、30ドルばかし貸してくれ、という。ああああああ。いったい昨日はどんな顔をしていたのだろう。きのうはそういうエネルギーが回っていたのだろうと心底納得しているが、それにしても、こんなことは人生で初めてである。すぐに大金が入るから、すぐに返せるという。そうですか、アイムソーリーしか言えなかった。japanese are usually very kind と言われて、昔の私なら、i am sorry, i am not kind japanese ぐらい言っただろうけど、年をとってまあるくなったのか、そういうことを言う元気もなくなり、ただただアイムソーリーで、電話を切った。この調子なら、これからもかかってくるかもしれぬ。ただただ話を聞くだけである。そういえば、このあいだ、テレビで、年をとってまあるくなるのは、脳細胞の働きが低下していることだ、とか言ってたなあ。。怒るほうがいいのかも。。彼女のアパートで学んだことー年をとったら庭が必要である。彼女の部屋は22階にあった。非常に人工的で、あそこで一人でいたら、気が狂うと思った。それよりも、毎日土をいじり、いのちに触れているほうがどれほど心が休まるものか。人間が高いタワーを建てたがるのはおごりだと思う。確かに高いものを建てるだけの財力を手に入れたことを誇示したいのだろうが、建てたときが終わりである。ましてや、ホテルやオフィスは、高い部屋ほど高くなるが、それは日常から遊離したいっときのだましの時間である。高いものを見上げるのなら、高ければ高いほど、自分はハンブルになって地に足をつけねばならぬ。高いものは、自分の小ささを自分に納得させるものであり、それだけのオーラをもっていなければならぬ。人間が高いところにあがり、下を見下ろすようになったら終わりである。というわけで、いろいろあったが、学ぶこともあった、で満足せねば。。ああ、疲れた、疲れた。。(笑)

2014/06/07(土) 退職生活雑感
退職してちょうど1ケ月が経った。ばたばたしているから、あんまり退職したという実感なし。。昔の職場のことを思いだしたり、考えたことはゼロ。(笑)先日、近くのスーパーで、知ってる顔に会った。もう名前は出てこず。でも、職場にいた人で、その人は退職後はフロリダに行ったと思ってた人だった。ああああ、と声をかけ、向こうもああああ、で終わり。(笑)このあいだ、高齢者のボランティアで、「G線上のアリア」を弾いた。そしたら、論理的思考ができなくなってる人が、「Did anybody die?」と大きな声で言った。みんな、die と聞いて笑っていたが、die のほうが正しいのである。アリアなんだから。その反応を見て、認知症の人でも感情は理解できる、といつかどこかで聞いたことを実感した。みんな最後の最後まで人間らしく生きているのである。たとえ本人がそれを表現できなくとも。このごろ、日本からのニュースでもよく取り上げられているように、認知症の人が家を出て、行方不明になるのも、その人が家を出て、どこかへ行こうとしたのは、その人なりの感情ゆえ、なのである。自分自身はどうなるのかなあ。。このごろ、そんなことばっかり考えている。これが退職生活ということかも。。(悲)病気になった著名な学者が自分を撃ちぬいた、その気持ちが理解できるような気がする。その鋭い知性ゆえに、寝たきりになったり、感情だけで動くようになるかもしれぬ自分の姿には耐えられないものがあったのだろう。論理的思考ができるときに、自分に落ちをつける。。。。人生最後で最高の美学かも知れぬ。そんな美学を持ち、美学を形にできる勇気をもつー知性とは思想、生きるとは思想の具現化。。。「人工呼吸器は抜いてくれ」と言っていたという父親の声が、ふいに聞こえてきた。私も娘にそう言っておこう。。ああ、遺言にでも書いておかねばならないのかも。英語で、か。。ああ、頭痛し。。。(笑悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.