〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年11月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/31 マスク第二弾(笑)
2020/03/29 マスク
2020/03/24 新しい進展
2020/03/22 買い出し
2020/03/17 空襲警報?

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2015/11/04(水) あほ極まり
なんでラムズフェルドが、日本の天皇から、首から下げるバッジをもらうねん。。ラムズフェルドが日本のために何をした??? あほブッシュをそそのかして、イラクへの先制攻撃をしかけた人間を、なんで日本はたたえる必要があるのか。どこまでアメリカにへらへらしたら、気がすむねん、あほな日本。アメリカでは、日本から勲章をもらったことなど鼻にもひっかけず、恥ずかしくさえ思ってるんだよ。。。誰が推薦したのか知らんが、日本のあほ、バカにされ続けるこじき根性、ここに極めり、だ。アメリカ人に、おお、なるほど、と一目おかれることをしてみろよ。お前のその小ささでは無理なのはよくわかっているが、じゃあ、何もせず、ひっこんでろ。何もするな。みっともない。勲章もらって喜ぶ人に、つまり親日もしくは知日派の顔で、日本人に近づきたがる”アメリカの変人”にやればいいのだ。よりにもよって、ラムズフェルトとは、ああ、恥ずかしい。。。(怒)で、配偶者に、ラムズフェルドに勲章だって、と告げると、なんであんなジャークに、と、こちらもびっくりびっくり。その理由が知りたい。。領事館か大使館に尋ねたら、と私。アメリカ人が出せば、ていねいに教えてくれるのでは。。そんなことをしたら、日本が何を考えているかが世界に発信されるね、と言う。で、私ーそういえば、日本がラムズフェルドに勲章やったことなんて、どこのメディアも報道しないから、誰も知らないよ。ああ、そうだね、じゃあ、勲章なんて何の意味もないねえ。。。といいながらも、メディア関係者は情報を見張っているだろうから、何を流すかを取捨選択しているのである。安倍が国連で演説しても、会場ががらがらという部分はカットする日本のメディアと同じである。(笑)アメリカの日本担当記者はもちろん叙勲のことを知っているが、そんなことを流せば、流すほうが笑われるから、流さないのである。ラムズフェルドだって、日本から勲章をもらったなんて、恥ずかしくてアメリカ国民に言えないだろう。。となると、結論ー日本の天皇なんて軽いもんだよねえ。。気の毒なぐらい軽い。。。叙勲、とりわけ外国人への叙勲なんてめったに起きないものにして、価値をあげたらいいのに。 中国なんて、めったなことでは外国人を叙勲したりしそうにない(現実は知らず。。笑)南シナ海でアメリカと対立してる風を装って、裏で台湾と仲良くする風を装って。。。きわどい多国間外交をやってのけるそのうまさを、アメリカは喜んでいるだろう。この野郎、と思わせられることが好きなのである。挑戦する価値があるから。。(笑)それに比べて、日本は。。。どんなにアメリカの金魚のふんをやっても、絶対に尊敬はされないし、一目もおいてもらえない。でも、日本はおいてもらおうと、ラムズフェルドにまで勲章やって。。。あがけばあがくほど落ちていく砂地獄である。あほな日本は早く落ちるところまで落ちて、消えてなくなれ。。。じゃないと、はいあがれないではないか。。(怒)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.