〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年5月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2015/05/14(木) パブリックのない国
ニュースを見てびっくりした。名古屋だか、ごみ屋敷のゴミが歩道を占拠して、通れなくなっているが、それでも住人の男はごみの撤去を拒み、市もなにもできないというニュースである。パブリックのない国ーすぐにそう思った。アメリカなら、この男、たぶんすぐに逮捕?される? アメリカのパブリック意識から考えると、公の道が通れなくなったら、すぐに警察が出てくるだろう。警察の言うことを聞かなかったら、逮捕だろう。日本は、こういうときに警察が出てきて、問題を解決するという法律がないのか。。歩道とは何? 公のもの、というコンセプトが法律に書かれていないのだろうか。公のものでも、そこで刑事事件が起きなければ、警察は出てこないということか。 こういうパブリックのなさがまかり通る一方で、家にある植木の葉っぱがご近所さんに落ちたら、木を伐らねばならないほど追いつめられる、みたいなところがある。これは、ご近所さん同士ーつまり民事ーの世界である。木をみんなで楽しむ、という感覚があれば、葉っぱがどこに落ちようと、それほど気にしなくてもいいのでは、みたいな感覚が生まれるのでは、と思ったりもするのだが、どうもそういうわけではなさそう。つまり、私的な大量のごみが歩道をふさぐのはOKでも、葉っぱが隣のおうちに落ちるのはだめ??いったい日本のパブリックとは何???(怒)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.