〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年5月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/06 雑感
2020/06/28 いろいろあります。。笑
2020/06/21 階段を下る
2020/06/17 自然対教育
2020/06/16 コーヒー1杯

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2015/05/19(火) 最後の一葉
作者は誰だったのか。昔、「マーガレット」という少女マンガの雑誌を読んだときに、病気の女の子を励ますために、隣の家の壁?に葉っぱの絵を描いたおじいさんの話を読んだ。で、女の子は、あの葉っぱが落ちたときに自分の命も終わり、と思っていたが、おじいさんが描いた絵だったから落ちずに、女の子は助かったが、雨ふり?の日に絵を描いたおじいさんが、肺炎だったかにかかって死んだ、という話だった。生の不条理なるものをあの話から学んだような気がする。そして、今、家の庭にも、本物の最後の一葉がある。毎朝、コーヒーカップ片手で庭に出たときに、その最後の一葉が出ている枝に手をおいて、エネルギーをください、これからもがんばってね、と声をかける。桜の木である。しばらく元気に、八重の花を咲かせてくれたが、やっぱり冬の厳しさには耐えきれず、去年ぐらいから幹やら枝の大半が凍って蒼くなり、枯れて、どう見ても、死に体である。私も、かなりの枝をぼきぼきと折ってきた。でも、どうしても、何かを感じて、生きてるのでは、と信じると、なんと枝の一つから、最後の一葉が顔を出したのである。すごい!!!! まだ生きているーおじいさんが描いた絵ではなく、本物の最後の一葉は、ほんもののエネルギーを持っている。まだ命が通っている1本の枝に手をおき、葉っぱをなでなでして、エネルギーをもらう。この最後の一葉が枯れてしまうとき、私は巨大な何かを受け取るのだと思う。。。枯れるな。。。生き延びて。。。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.