〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年1月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2016/01/08(金) 93歳
きのう、一泊二日のアイオワ旅行から帰ってきた。93歳のノーノーガールに会ってきた。ものすごいエネルギー。きのう、きょうともらったエネルギーに圧倒されて、何をする気力もなし。(笑)私の本の中の、ノーノーガールの部分をものすごく喜んでくれて、再会することになったのである。1960年代、1970年代の社会運動家だが、あのころの女性問題とか人種問題、ベトナム戦争と、社会にものすごいエネルギーがあふれていたことが、図書館にある彼女に関する資料でもよくわかった。今があるのは、あの時代があって、人々ががんばってくれたからである。感謝である。でも、問題はあのころからずっと続いている。大事なことは、自分の力で、自分のために戦うこと。それが、ひいては、戦えない人を助け、そして社会を、世界をよくすることにつながっていくのである。93歳の一人暮らしがどんなふうになるかも見てきた。今から、もうそろそろ老後の準備を始めなければならぬ。93歳まで生きられるとは思わないが、準備は少しでも早いほうがいい。そして、一番びっくりし、かつ感銘を受けたこと。彼女は、自分の親がどこに埋められているか知らぬという。墓参りはしないという。自分の夫は、死後検体を希望し、そのご焼却されて、大学のコミュニティ墓場みたいなところに埋められているというが、そこがどこかも知らぬという。93歳のノーノーガールはものすごかった。彼女からもらったエネルギーを、私でできる形で、社会に還元したいと思う。とりあえず、雪がとけたら、道のゴミ拾い!!!(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.