〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年2月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/16 下手に出るということ
2019/11/14 表彰状
2019/11/12 情けなく腹立たしい
2019/11/11 残念
2019/11/03 鬼の霍乱

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2016/02/24(水) 矜持
日本からのニュース。認知症の妻の介護に疲れて、妻を殺し、自分も死を選んだおじいさんの話。悲しいけど、すばらしい、と思った。妻を殺したあと、警察でも病院でも、食を一切拒んでの死だった。すごい。私もそれだけの矜持をもって生き、死にたいと思った。人間、食べられなくなったら、あとは死ぬだけである。シカゴの高齢者センターで、認知症だろうか、頭はもうだいぶおかしくなっているのに、食欲だけは旺盛で、隣の人のものまで手を出して食べるために、けんかになる人を見ている。そういう人は、けんかになっても、けんかが意識できないのである。食欲だけが残っている高齢者の哀しさを実感している。妻を殺し、自らも食を断って死を選んだおじいさんは、頭は完全にクリアで、自らの死と生の哲学を完遂した。おじいさん、よかったね。それでよかったんだよ、と私は言いたい。(悲)びっくりしたのは、その夫婦に娘がいたということだ。げっ。父親がそこまで追い詰められていても、娘にはわからなかったのか。わからないものなのか。テレビに映っていたのは、私の神戸の実家とは似ても似つかぬ立派な家だった。きれいな家で老老介護の末の殺人事件。親子関係は誰にもわからず、娘なる人の生活も性格も知るよしもないが、殺人事件があったとなると、あのきれいな家も取り壊すしかないだろうなああ。。そう考えると、私もたいした娘ではなく、むしろ悪娘で、親にはいっぱい心配をかけたが、無事に母親を見送ることができ、母親が守りぬいた実家はいまだに私を助けてくれている。感謝。親の矜持がまだ私の中で生き続けている。親の人生を、矜持を私は必ず守りきる!!! 安心してください。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.