〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年2月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2016/02/05(金) これやから
日本人は、日本社会はだめなんや。(怒)NHKで、清原元選手の話が続いている。で、びっくりしたのは、甲子園にあるなんとかいう博物館から、清原元選手のバットとかが撤去されたというニュース。理由は、子供たちが見にくるから。あほ。ピンボケもいいとこや(怒)人生の後半で、道をふみはすしたからといって、そのことは選手時代の才能と実績とはまったく関係がないやないか。のちになって道をふみはずしたら、過去もすべて抹殺されるのか。だからこそ、あの社会からは希望も夢もなくなるのである。子供たちに、ほんとの希望を教えてみろ。希望とは、どん底の絶望にあっても、立ち上がる力を見せる人間の強さが希望なのである。希望、夢、思いといった空洞の言葉をちゃらちゃら並べていても、何の希望も生まれない。子供に教えるべきは、人間の弱さという人間の現実である。日本社会の人間の見方は非常に薄っぺらい。それが私をいらいらさせる。人間は弱い。だから、ときには道をふみはずすこともある、だけど、そこから立ち上がる人間こそが希望を体現するのである。博物館から、清原元選手の物を撤去するなんて、初めから人間の希望を踏みにじるようなものだ。その表層的な人間観、社会の抑圧こそが全体主義だということが、あの国の人間にはわかっていない。 全体主義といえば、最近聞いてびっくりしたのが、フィリピンで天皇に会い、言葉を交わした協力隊だかの人が、「答えさせていただきました」とテレビカメラに向かって言ったことだ。なぜ、「お答えいたしました」と、自らの天皇への敬意をこめて言えないのか。相手は天皇だぞ。天皇の上には誰もいないんだぞ。答えさせていただきました、では、天皇の上にもう一人偉い人がいて、その人におもねっているようではないか。その偉い人とは何か。人間ではない。世間の監視の目なのである。天皇よりも、世間の監視の目のほうが怖い。だから、お答えいたしました、と、はっきりと天皇への敬意を表するよりも、答えさせていただきました、と、世間の監視の目を意識した表現となる。世間の監視の目が全体主義である。ああ、いやだ、いやだ。(怒)清原元選手のことで、えらく桑田という人が引き合いに出され、「残念だ」といった言葉を連発しているが、桑田という人は強かったのである。それだけのことだ。強い人がいたら、弱い人もいる。それだけのことで、何が残念なことか。残念という言葉が、有名人へのプレッシャーを表現している。ほかにもいるんだから、もういい加減にこのニュースはやめるべきなのに、NHKはうれしそうに、これでもかこれでもかと流している。その表層的なやり方にうんざり、である。そういえば、もう一件いらいらしたことーどこかでこういう文章を読んだ。「小学四年の息子が、本当の無敵っていうのは敵がいないほど強いんじゃなくて、誰とでも仲良くなって、敵なんかいなくなることだと思う」と言ったとかで、何人もの人が、ほめていたことだ。あっほ。。誰とでも仲良くなれると教えてるのか。人間はそんなに甘いもんじゃないではないか。誰とでも仲良くなるなんて、人間の本質を無視したものであり、人間社会では不可能じゃないか。自分を大きく見せるために嘘をつき、相手を蹴散らかすために嘘をつく敵はあっちこっちにいるではないか。いじめは学校だけじゃないよ。職場にもうじゃうじゃ。生きるということは、汚い敵と戦うということ。それを子供に教え、その中で生き延びる方法を教えるべきなのである。それをまあ、表層的な、ええかっこだけの「みんなと仲良く」といった言葉でごまかして、小さな金魚鉢の中で腐りながら生きることだけしか教えられない、全体主義の姑息な社会。。意に反して、有名になってしまった清原元選手を追い込んだのは、このきれいごとだけがまかり通る、全体主義の姑息な社会ではないのか。私は、ドラッグの禁断症状みたいなものが出てたアメリカ人の若い男に、サンキュー、と言われた経験がある。あのとき、涙が出そうになるほど、人間の力、希望を感じた。博物館から選手の物を撤去するのではなく、人間の弱さ、そして本物の強さを教えてみろ。ほんとうに強い人間だけが、ほんとうに優しくなれるのである。耳触りのいい言葉を並べたがる人間は、決してやさしい人間ではない。人に好かれたい、人にいい人だと思われたいと必死になっている普通の人、つまり弱い人間である。覚せい剤をやってた人が、テレビで言っていた、つかまってほっとしてるんじゃないでしょうか、と。私もそう思う。ほんとの意味で強くなれるのはこれからではないのか。それが希望である。がんばれ〜〜〜。(それにしても、あのコメントの人、えらくきれいな顔をしてたなああ。。笑15の時から覚せい剤をやって、30年も常用していたというけれど、ほんまかいなあ。。30年もやってたら、もうボロボロじゃないの??? こちらもうさん臭いなあ。。テレビもだめだあ。。笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.