〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2016/06/23(木) 寄生するもの
夏は庭が忙しい。植物たちが、いまがチャンス、と枝やら葉っぱを伸ばすからだ。植えたばかりの小さいときは、かわいいけれど、好きにのばしてやると、ジャングルになってしまって、どないもこないも。。。人間も同じなんだろうなあ。。子供の自由なんてことを言って、放任すればジャングルになって、手がつけられなくなる??? 子育てはむずかしい、庭もむずかしい。。要するに、育てるのは何でもむずかしいのである。でも、こいつだけは。。寄生するつるである。去年、隣の庭からばあああああと伸びてきて、植木を殺しかけてるのを見つけたから、綱引きの綱みたいに太ってる幹?をばっさばっさと切ったのに、今年、その切ったーつまり根からは切り離されている幹?から、また新しくつるを伸ばして、隣の樹木に葉っぱを広げているのを発見。。なんだあ、こいつら。。寄生するものはほんとにたくましい。どうやら幹の中に養分を蓄えていて、根から切り離されても、翌年はまた新しくつるをのばせる仕組みになっているらしいのである。ああ、この生命力、ぞっとする。綱ひきの綱並みに太ってしまうと、根からひっこぬけるわけでなし、どうせえゆうねん。。人間も、これぐらいたくましく生きるべきなのか。いやいや、そうやって他人を殺して生きて、自分だけ生き残って、それでどうする??? 確かにそういう人間もいるだろう。とりわけ組織の中で、えらい肩書を手に入れたら、それを絶対に手放そうとはしない人間。他人を殺してでも、その肩書に固執したがる人間。。。汚い、汚い。。。寄生して生きるつるよ。わたしゃ、組織で汚い人間に迎合して生きられなかった分、あんたととことん付き合って、絶対に殺してやるよ。。(笑)そういえば、政治家が言ったそうな、90歳の人間が老後が心配と言っていたけど、いったい何歳まで生きるつもりか、と。私は、この政治家の気持ちに同意する。90歳の人間は、老後なんて言葉は使うべきではないと思う。いまが老後なのであり、健康に生かされているのなら、いま、それをどう社会に還元するべきかのみを考えるべきである。90歳の人間の「老後が心配」なんて、寄生するつる並みのエゴかも。ああ、いやだ。。もしかして、それを言ったのは、作家の寂。。。? あのおばあさん、このあいだ、牛肉を食べてたしなあ。。言いかねないなあ。。ああ、いやだ、いやだ。。。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.