〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/24 新しい進展
2020/03/22 買い出し
2020/03/17 空襲警報?
2020/03/16 開戦前夜?
2020/03/15 いよいよ

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2017/01/13(金) 映画「サイレンス」
きのう、ひさひさしぶりに、シカゴのミュージックボックスへ映画を見に行った。遠藤周作の「沈黙」を映画化したものである。感想1、長かった。。途中でおなかがすいてきて、早く終わらないかなあ、とそれっばかり考えていた。(笑)2 出てくる日本人の英語がようわからんかった。ああ、私の英語もこんな感じなんだろうなあ、と思うと、非常にみじめな気分になった。差別的行為を受けるのも当然かもしれぬ、あの英語では。。(悲笑)3 わたしゃクリスチャンじゃないことを再確認。(笑)ゴッドがどうのこうの、わたしゃ人からああせえ、こうせえ、言われるのがいややねん。(笑)で、私は、神の言葉より、私の全存在を内包してくれる宇宙のエネルギーに身をまかせて、精神を集中させて、宇宙のエネルギーに従うことを選択する。神様がなんぼのものやねん、なんていうたら怒られるかなあ。。でも、信者たちもやっぱり苦悩しているのである。だから、心を鬼にして、踏み絵をし、悩み、また懐柔策にのり、また踏み絵をして。。を繰り返す。で、最後は、隠し持った十字架??? よう、わからんかった。(笑)神様も「サイレンス」−それがテーマなのかなあ。。原作を読みたいとは思わず。(笑)それよりも、大昔、映画の会をして、みなと出かけていたころとは、ころっとお店が変わっていた。(もう10年以上前だもん、当然かあ。。映画館も隣にバーを隣接して、アート系の映画が好きな、けったいな人たちが楽しめるスペースに作りかえていた。ああいうところで、わいわいしてみたい、とも思うけれど、この年になると、なかなか感激する映画にもめったに出会わない。。笑)
それにしても、自分の今の仕事もあわせて、これだけは言えるー宣教師ってすごい。。。かれらのエネルギーと熱意に心から敬意を表したい。日本人で、かれらのような働きを世界でした人がいるだろうか。せいぜい、習い覚えたお茶か華道を、日本文化に興味のある変な人にちょこちょこ教えるぐらい??? 普遍性の追求、という視点から考えると、宗教はすごいと改めて思った。私の宗教は、ごみ拾い。。これは普遍性があるぞ。。(笑)今日も、教会(道のこと。。笑)に行きたいんだけど、華氏10度ではなあ、どうしよう。。神は「サイレント」である。(笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.