〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/24 新しい進展
2020/03/22 買い出し
2020/03/17 空襲警報?
2020/03/16 開戦前夜?
2020/03/15 いよいよ

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2017/10/27(金) わかれ。。。
無事に日本から帰ってきて2日ほどが経つ。まだ時差ぼけで、朝の3時ごろから起きだして、ごそごそしている。原稿のゲラ校正(日本語)やら私の憧れのジュンフジタさんに関する原稿執筆(英語)依頼やらがあって、おちおち寝ていられないのもちょうどいいのである。仕事して、アメリカ生活を全うしよう。仕事が終わり、アメリカで人種差別やら、非英語話者としての不便さと戦う気力体力がなくなったときにどうするか、また考えねばならぬ。今回の日本での最大の収穫は、50冊ほどあった映画のパンフレットを2000円で買ってくれる人がいたこと。やったあああ。。(笑)1960年代後半からの10年ほどのあいだに見た映画のパンフレットである。私の青春そのものである。何も知らず、ただただ夢色の時間が目の前にぱあああああと広がっていたあの若かった時代を手放したのである。2000円。。晩御飯代が出た。。ありがたい。。(笑)お店の人とは、昔は、朝9時から行って、一日中映画館に座って、3回ぐらい同じ映画が見られましたよね、とか、ヘルムートバーガーの話をするのは楽しかった。映画の話を通して、同じ時代と時間を共有するのは楽しいけれど、いつまでもそこーつまり過去にこだわっているわけにもいかず、えいや、と手放した。100冊もってこられても、100円ほど、ということもしばしばあるそうな。1冊1円で、結局は保管する場所がないと、買っても捨ててしまうとか。私は、捨てないでね、私の青春だから大事にしてね、と念を押して帰ってきた。たぶんパンフレットはそのままごみ箱行???(笑)面白いなあ、と思ったのは、店の人がパンフレットではなく、私がパンフレットに挟んでおいた映画のチラシを喜んだことだ。昔は、映画のちらしは映画館の中にしか置いてなかったらしい。(今は、映画館の外に並べてある) お客さんがすごいのは、映画を見に行って、次にくる映画の予告ちらしをとって、それをきれいに残し、その映画を見に行って、そこで買ったパンフレットに挟んでおいたことですよ、と変な褒められ方をした。チラシを集めてる人がいるそうな。わあ、これきれいですねえ、折り目がぜんぜんない、と店の人が感激して、パンフレットから抜き出していた。お〜〜い、もしかしてチラシ一枚を1000円でファンに売るんじゃないの???まあ、それでいいや、何かの、誰かの役に立つのなら。。。というわけで、押入れの中が少し片付き、それもお金をもらって片づけることができて、ばんざああああい!!! (笑)わ、か、れ。。あの家で過ごした時間の思い出が少しずつ消えていく。。。いつかあの家を壊さねばならぬ、その時が来るまで、少しずつ、わ、か、れ。自らの力で消せなくなる前に、思い出を自らの手で消していかねばならぬ。それが生きている者の最後の責任である。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.