〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/15 いろいろ
2019/09/13 終活
2019/08/26 負け犬さんへ
2019/08/24 記憶
2019/08/20 時代の言葉

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2017/04/20(木) 花冷えのころ
庭の樹木やら植物が一気に芽を出した。肥料をやったり、枯れ枝を掃除したりと忙しくなってきた。友達に、図書館へ遊びに行くことがなかったら、何をしてるの、と聞かれて、すぐには答えられなかったが、今思うに、図書館へ行かなかったら、一日中庭でごそごそしてるかも、と思った。相手は生き物である。毎日、姿を変える。だから、あっちこっちをいじくっていると、一日はすぐに終わってしまう。花冷えとは美しい言葉だな、と改めて思った。このあいだ満開になったマグノリアの白い花も、梅の花を想って植えたネクタリンも、もうすでに花は散り始めた。わずか2、3日である。1週間ももたない。この2、3日のために、一年中楽しみにしているわけで。。ほんとに花の命は短い。そして、半そで姿のアメリカ人もよく見かける季節、私は、やっぱりどこか風が冷たい、と、真冬と同じような恰好をしてるから、みなにじろりと見られるけど、だから何???コートの下が違うんだよ、今と真冬では。。知らんでしょ。。(笑)7月に20年ぶりにサウスダコタに行くことにしたので、居留地でいろいろお世話になったモニカに連絡をとろうとしたが、自宅の電話番号にかけると、違う居留地の人にかかったし、勤め先と聞いていた場所にかけても、そんな人はいない、という。もうどこかに移ってしまったようで。。まさかモニカがあの居留地を離れるとは夢にも思わなかった。どこへ行ったんだろう。20年という月日を想った。もう大昔である。これから20年後、私はまだ生きているかどうかわからない。もうこの世界にはいないかもしれぬ。だから、いま、この花冷えの季節をいつくしむしかない。そうそう、「いつくしむ」で思い出した。このあいだ、日本のドラマを見ていたら、小さな息子が母親に向かって、「いつくしむよ」みたいなことを言っていた。おおおおい、脚本家を出せ、あっほ。いつくしむ、とは、大きなものが小さないとしきものに向かって、なでるようにして言うものではないのか。3つぐらいの息子が母親にいうて、どうするねん。3歳の人間に「いつくしむ」なんて言われて、母親はうれしいのか???あっほ。。(笑)ああ、花冷えとは、消えてしまう寂しさを知ってる人間に「いとおしさ」をつきつける言葉である。生のいとおしさ。。。過ぎた20年は2度と戻らない。これから20年があるかどうかもわからない。咲いた花が散っていくいとおしさ。。。今のわが身を抱きしめるしかないなああ。。。(悲)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.