〜ing〜アメリカつれづれ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年6月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/18 変なこと。。。
2019/08/14 ああ、なさけなあ。。(怒)
2019/08/10 そういうことか
2019/08/08 底の浅さ
2019/08/07 いろいろあって。。。

直接移動: 20198 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2019/06/23(日) 雑感
このところ買い物に行くと、セールになっている品物の値段をレシートで確かめるのが楽しみになっている。このあいだも、リンゴを1個買って、1ポンド99セントと値札がついているのに、レジでは1ポンド2ドル99セントで払わされたので、カスタマーサービスで1ドル20セントほど取り戻すのに、ひと悶着あった。アメリカ人は計算ができない。このあたり、インド人がやっているコピー屋では絶対に問題ないのになああ。。(笑)ボランティアをしている日系人の組織で、久しぶりに、七夕という歌を聞いた。さらさら、きらきら、と擬音語がいっぱい使ってあって、きれいな歌だ。そういえば、このごろの歌には擬音語、擬態語がつかわれなくなっているのでは。何か変わった音となると、変な英語の単語が出てきたりして。。(笑)そうそう、それで怒っていたことがあった。このあいだ、日本からの番組で、子供の歌らしくうさきが歌っている番組があって、聞いてびっくり。。いい人にめぐりあいますように、とか、夢がかないますように、とか、まあ、このあたりはよしとしよう、ところが、である。何とうさぎは、お金で苦労しないですみますように、と歌うのである。ナニコレ。。子供にこんな言葉を歌わせていいのか。きらきら、さらさら、思い、憧れ、夢、と歌っていたらいいのに。(怒)とぶつぶつ怒っていたら、思い出したことがあった。中学二年ぐらいだった。英語の時間に、英語の教師に、幸せとは何か、と聞かれて、「お金」と答えてしまったのである。すると、その英語の教師の顔といったら。。怒っていた。子供が、金とはよく言うなあ、とあきれていた。親がどんな育て方をしてるのか、親の顔が見てみたい、みたいなこともぶつぶつ言った。 私自身は、教師が怒る気持ちがさっぱりわからなかった。 正直に思うところを言っただけである(笑)となると、私は、ただただちょうど半世紀ほど早く生まれすぎただけかもしれぬ。そう、子供が「お金に苦労しなくてもすみますように」と歌うのは、素直なだけということかも。(笑)あの教師も、もうとっくの昔に消えているだろう。でも、私には、あのときの教師の怒った顔がはっきりと思い出される。 お金で苦労しないですみますように、に怒った私の顔もあんな顔?(笑)お金にこだわって生きてきたとこのごろつくづく思う。今のスーパーの楽しみもおなじようなものだ。(笑) 私がカスタマーサービスへ行くと、レジ3台、店員6人が、張り詰めた感じで、私を凝視していた。今度はいったい何の文句を言いにいくんだろう、みたいな緊張感が伝わってきた。 だってもう確実に、この20年のあいだに私が文句を言いに行ったおかげで、店員二人はやめたもんなあ。(笑)人は10セント、1ドルに知らん顔できるのだろうか。それが信じられない。(笑) 人は育てられたようにしか、育てられない。だから娘にも、お金に関しては厳しく育てた。 今、仏壇の前には、娘がひらがなでメッセージを書いた瓜がおいてある。「おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう」である。私も、ありがとう、である。 親の顔が見たいって言った英語教師よ、お金にこだわって生きた親のことも、自分自身のことも恥ずかしいとは思わないよ。 この世界に生まれ落ちたときから、国が戦争していて、物のない思春期を過ごし、苦労した人たちが、一生懸命働いて生きぬいたのである。お金へのこだわりは、その時代を必死で生きた証である。それよりも、あんな風にさげすんだ視線でしか生徒を見られなかった、お前のえらそうな教師づらのほうがよっぽど恥ずかしいのでは。。(怒笑)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.